<直言!日本と世界の未来>トランプ氏の「認識ギャップ」=30年前に立ち会った日米財界人会議を想起―立石信雄オムロン元会長

立石信雄    2018年7月8日(日) 5時0分

拡大

トランプ米大統領は議会中間選挙を控え、強硬的な経済外交で行動力をアピールしている。しかしグローバル化の中で、相互経済依存が進展しており、このまま報復合戦になれば米国も痛手を負う。米通商政策は脈絡を欠いており、世界経済のさらなる混乱を招く懸念も強い。

新疆ウイグル自治区で最も有名な日本人・小島康誉。彼はどのようにして新疆にたどり着き、現地の人々から敬慕されるに至ったのか。購入はこちら

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携