今アツいのは「青銅メイク」!?三星堆コスメシリーズが発売―中国

人民網日本語版    2021年7月25日(日) 19時20分

拡大

長江上流域文明の中心とされる四川省徳陽広漢市の三星堆博物館によると、同博物館とコスメブランドがコラボした「三星堆コスメシリーズ」が正式に発売された。

(1 / 8 枚)

長江上流域文明の中心とされる四川省徳陽広漢市の三星堆博物館によると、同博物館とコスメブランドがコラボした「三星堆コスメシリーズ」が正式に発売された。今回発売されたのは、青銅縦目アイシャドー、魚鳧チューブリップ、青銅縦目ギフトボックス、扶桑若木アイシャドー、太陽輪チークの5種類となっている。

その他の写真

現在の四川省一帯に古代栄えた「古蜀国」の職人は、丁寧な作業を積み重ねて、今の時代の人をも驚愕させる青銅器を作り上げた。出土したばかりの青銅の仮面は、眉の間は黒く塗られ、額には長大な飾りが埋め込まれていた。1000年以上地中に眠っていたにもかかわらず、神秘的で奇妙ともいえるような美的風格は全く失われておらず、そのインパクトは強烈だ。三星堆コスメシリーズのうち、青銅縦目アイシャドーは青銅縦目仮面を、魚鳧チューブリップは金の杖を、扶桑若木アイシャドーは商青銅神樹を、太陽輪チークは青銅太陽輪をそれぞれモチーフにしている。

中国では近年、「国家宝蔵(NATIONAL TREASURE)」や「如果国宝会説話(Every Treasure Tells a Story)」などといった国宝を紹介する番組が大ヒットし、「博物館ブーム」が巻き起こっている。統計によると、90後(1990年代生まれ)や00後(2000年以降生まれ)が、博物館を見学する「主力軍」になってきている。それらを背景に、コスメブランドと中国国内外の博物館が業界の垣根を越えてコラボするというのが新たなトレンドとなっている。

2017年以降、故宮博物院や中国国家博物館、頤和園、ロシアのエルミタージュ美術館などがコスメブランドとコラボし、口紅やアイシャドー、ファンデーション、リキッドファンデーション、さらにはコスメセットなどを発売してきた。(提供/人民網日本語版・編集/KN)

この記事のコメントを見る

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携