アン・リー監督に仏レジオン・ドヌール勲章。映画界への貢献を称え

anomado    2021年2月9日(火) 10時20分

拡大

映画「グリーン・デスティニー」の公開からおよそ20年。台湾出身の映画監督アン・リーが、これまでの映画界への貢献を称えられて、フランス政府からレジオン・ドヌール勲章のシュヴァリエ(5等)を授与された。

2月5日、ハリウッドで活躍する台湾出身の映画監督アン・リー(李安)が、映画文化における卓越した業績を認められ、フランス政府から最高位勲章のレジオン・ドヌール勲章を授与されたことが明らかになった。これまでにこの勲章を贈られた映画監督には、クリント・イーストウッド、スティーブン・スピルバーグ、ウォン・カーウァイ(王家衛)、黒澤明、北野武などがいる。

リー監督は、2000年に公開された映画「グリーン・デスティニー」で、派手な武術アクションと絵巻物のような映像美を組み合わせ、台湾の金馬奨、香港の香港電影金像奨、米国のアカデミー賞と、重要な賞レースを総なめにするという、中華圏の映画として初の快挙を成し遂げた。ワイヤーアクションの新時代を切り開いたとされるこの作品は、その後の中華圏の武侠映画に大きな影響を与え、映画史に残る名作として知られている。

リー監督は以前、米国メディアの取材に対し、「グリーン・デスティニー」の名シーン「竹林の戦い」を振り返りながら、当時の心境をこう語っている。 「チョウ・ユンファ(周潤發)とチャン・ツィイー(章子怡)が竹林を駆け抜けながら剣を交えるシーンは、ワイヤーを駆使する危険なアクションだったので、彼らがケガをするのではないかと常に心配していました」

また、昨年アカデミー賞を受賞した韓国映画「パラサイト 半地下の家族」について、「グリーン・デスティニー」が外国語映画として成功を収めた前例が「パラサイト」の受賞を後押ししたのではないかと問われると、「映画で生かされた経験は、先輩から後輩へ受け継がれていきます。先輩の経験が私の映画を成功させ、私の経験が後輩の映画を成功に導いているのでしょう。映画界は大きなファミリーです」と謙虚に答えた。

2003年の「ハルク」、2005年の「ブロークバック・マウンテン」、2012年の「ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日」などの名作を手掛け、名実ともにハリウッドで最も成功を収めたアジア系映画監督の一人となったアン・リー。円熟期を迎えた名匠の凄腕に今後も期待したい。(提供/華流・anomado

この記事のコメントを見る

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携