Record China

ヘッドライン:

海自の護衛艦と中国漁船が衝突、東シナ海で=中国ネット「われわれの漁船は…」

配信日時:2020年3月31日(火) 12時0分
拡大
30日夜、海上自衛隊の護衛艦「しまかぜ」が、鹿児島県屋久島の西約650キロの公海上で中国籍の漁船と衝突した。写真は海上自衛隊の護衛艦「しまかぜ」(出典:海自ホームページ)。

30日午後8時半ごろ、海上自衛隊の護衛艦「しまかぜ」が、鹿児島県屋久島の西約650キロの公海上で中国籍の漁船と衝突した。護衛艦と漁船の乗員に死者や行方不明者は出ておらず、両船とも自力航行が可能。海上保安庁が現場で調査を行うほか、防衛省は事故調査委員会を立ち上げて詳しい経緯を調べると発表している。

中国紙・環球時報が中国版ツイッター・微博(ウェイボー)のアカウントでこれを報じると、中国のネットユーザーからは、「中国と日本がひとたび蜜月関係になると、海で突発的なトラブルが起こる」「(米国など)日中が接近し過ぎるのを見たくない人もいる」という声や、「なんと漁船は転覆しなかったのか」「両船とも衝突したのに自力航行できる。ここから、中国の漁船は想像しているタイプの漁船ではないと分かる」「われわれの漁船の重さはなかなかだな」と漁船の耐性に関心を寄せる声が上がった。

また、「重大なことではないようだ。慌てないで」と呼び掛ける声も出ている。(翻訳・編集/毛利)

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

日本の「準空母」2隻がアジア太平洋諸国を個別訪問、「かなり活発」と中国メディア

3日、中国のニュースサイトの環球網は、「日本の海上自衛隊の『準空母』2隻が最近、アジア太平洋の複数の国を個別に訪問した」とし、「かなり活発な活動を見せている」と報じた。写真は海自の護衛艦「いずも」。海自のFacebook公式アカウントより。

Record China
2019年7月4日 10時20分
続きを読む

「かが」空母化、F-35導入、日本の軍事大国化懸念する韓国各紙=「専守防衛の原則自ら破る」と警戒

海上自衛隊最大の護衛艦「かが」の事実上の空母化や最新鋭ステルス戦闘機・F-35導入などをとらえ、韓国各紙は日本の軍事大国化を懸念する記事を相次いで掲載。「専守防衛の原則を自ら破る」などと警戒している。写真はF-35。

Record China
2019年6月1日 0時20分
続きを読む

ランキング