Record China

ヘッドライン:

アン・リー監督×ウィル・スミスの「ジェミニマン」、2019年のワースト映画10本に選出

配信日時:2019年12月8日(日) 19時0分
拡大
米ローリング・ストーン誌がこのほど、2019年のワースト映画10本を発表。“台湾の星”アン・リー(李安)監督の「ジェミニマン」が3位に選ばれた。
(1/6枚)

米ローリング・ストーン誌がこのほど、2019年のワースト映画10本を発表。“台湾の星”アン・リー(李安)監督の「ジェミニマン」が3位に選ばれた。

その他の写真

同誌に執筆し、辛口の映画評論家として知られるピーター・トラバース氏が、2019年のワースト映画10本を独自に選んだもの。「ジェミニマン」は台湾が誇るアン・リー監督が、ハリウッドスターのウィル・スミスとタッグを組んだSFアクション映画。この作品についてトラバース氏は「アン・リー監督は見る価値のある映画を撮ることを忘れたようだ」と手厳しくコメントしている。

「ジェミニマン」はウィル・スミス演じる暗殺者が、クローンである20代の若い自分と対決するという斬新なアイデアも注目されたが、興行収入は予想をはるかに下回るものとなった。120fpsおよび4K/3Dの高規格で撮影された「ジェミニマン」だが、この規格での上映が可能な映画館が少なかったのも敗因の1つに。「カメラでストーリーを語る」のに長けたアン・リー監督の手腕をもってしても、好評を得ることができなかったようだ。

このワースト映画ランキングでは、世界的に大ヒットを記録した米ミュージカル映画「ライオン・キング」が1位に選ばれた。「ライオン・キング」は先月末の時点で、年間興行収入ランキング(全世界)が「アベンジャーズ/エンドゲーム」に次ぐ2位だが、トラバース氏は「旧作のリメークに甘んじて新たな見どころがない」と酷評している。

ランキングにはこのほか、クライムサスペンス映画「ザ・キッチン」や、女優ケイト・ブランシェット主演のコメディ映画「Where’d You Go、Bernadette」、ピューリツァー賞に輝いた同名小説が原作の「ザ・ゴールドフィンチ」などが選ばれている。(Mathilda

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

【日中WeChat交流広場オープン】
新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください! WeChatの掲載希望も大歓迎! あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら

関連記事

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング