中国宇宙ステーション「天宮2号」19日に大気圏突入=当局「予定通り。制御しつつ安全に落下」

配信日時:2019年7月14日(日) 9時50分
中国宇宙ステーション「天宮2号」19日に大気圏突入=当局「予定通り」
画像ID  1108710
中国載人航天工程弁公室は、中国の宇宙ステーション「天宮2号」が19日に大気圏に再突入することを明らかにした。計画通りに制御をしつつ落下させるという。
中国載人航天工程弁公室(中国有人宇宙プロジェクト事務室)によると、中国の宇宙ステーション「天宮2号」が19日に大気圏に再突入する。計画通りに制御をしつつ落下させると説明した。少数の残骸が南太平洋に落下する見込みという。中国メディアの環球時報が2019年7月13日付で報じた。

天宮2号は2016年9月15日に打ち上げられた。全長10.4メートルで最大直径は3.35メートル。太陽パネルの幅は18.4メートルで打ち上げ時の重量は8.6トンだった。中国は国際宇宙ステーションのプロジェクトに参加しておらず、「自前の宇宙ステーション計画」を進めている。

中国にとっての最初の宇宙ステーションは2011年9月に打ち上げた天宮1号で、「ドッキング標的機」との位置づけだった。天宮2号は「宇宙実験室」の位置づけで、さまざまな実験ができるよう改良されたという。

天宮1号は、2013年6月までに、中国の有人宇宙飛行船の神舟8号、9号、10号とのドッキング(自動及び手動)に成功した。中国は米ロに次いで、有人宇宙船のドッキングに成功した世界3番目の国になった。

しかし天宮1号は運用終了後に制御不能になった。中国政府も2016年9月に、機械的または技術的な理由で制御不能になったことを認めた。天宮1号は高度を次第に下げ、2018年4月2日に大気圏に再突入した。

環球時報によると、中国載人航天工程弁公室は天宮2号について、宇宙実験室としての予定をすべて終了しており、大気圏再突入は計画にもとづくと説明。7月19日の適切なタイミングで、制御によって落下させる。少数の残骸が南太平洋の南緯30~45度、西経160~90度の海域に落下すると考えられるという。

天宮2号の残骸の落下地点とされる範囲は、世界の海でも最も陸地から離れたポイント・ネモ(南緯48度52秒、西経123度23秒)と呼ばれる場所の周辺。人工衛星を落下させる目的として地球上では最も適しているとされており、これまでにも多くの人工衛星の落下目標にされてきた。

中国載人航天工程弁公室によると、天宮2号の機能は正常で状態も良好であり、大気圏再突入の準備作業は順調に進行している。大気圏再突入後は速やかに情報を発表し、責任ある大国としての国際的義務を着実に履行するという。(翻訳・編集/如月隼人
【レコチャコンサル】

あなたの商品を中国で販売してみませんか?レコードチャイナがお手伝いします!
詳しくはこちら


【社内スタッフ募集】

中国語担当スタッフ韓国語担当スタッフを募集しています。応募はこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 4

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • 丹陽***** | (2019/07/14 21:26)

    天宮1号はドッキングとかの試験用だから短かったのも分からなくは無いんだが 天宮2号って宇宙空間での各種実験用として打ち上げてソ連のミールの様に 各種モジュールを繋いで長期の宇宙ステーションにする予定でしたよね でも打ち上げて1回1ヶ月ほど有人で運用して後はずっと無人で 無人になってから天宮2号が使われたのって無人の補給船をドッキングさせただけだよね 昨年高度が下がってる事がバレて急遽天宮2号は役目を終えて廃棄しますって 実質2年も使わずに廃棄とはなんの実験が出来たんですかね? んで2022年までに天宮3号を打ち上げて月への中継基地にするとか言ってますけど 5年も宇宙空間に留め置くことが出来ないのにこれ以上宇宙ゴミを増やさないで貰えますか? 地球に甚大な被害が出る前に性も無いメンツを捨てて国際ステーションに協力しなよ
    このコメントは非表示に設定されています。
  • ali***** | (2019/07/14 18:00)

    加速して遠方へ軌道離脱させるってのは、その衛星を静止軌道や月軌道より遠くへ運ぶって事だから、 落下制御とは全く別物で、大量の燃料が必要で事実上無理なんだけど、 正確にポイント・ネモに落とせるだけの制御能力があるかどうかが問題。 中国の制御能力を国際社会が評価する試金石になるだろう。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • ちゅる***** | (2019/07/14 10:58)

    その責任ある大国とやらが2007年に老朽化した衛星を爆破して大量のデブリをまき散らしたことは忘れない。 加速して衛星軌道を離脱させることはできないものだろうか。
    このコメントは非表示に設定されています。

最新ニュースはこちら

SNS話題記事