長征3Aロケットが100回目の打ち上げ=単一シリーズとして中国初、年間打ち上げ累計は米国抜き世界一

配信日時:2019年4月22日(月) 22時40分
長征3Aロケットが100回目の打ち上げ、年間累計は米国抜き世界一
画像ID  1085816
西昌衛星発射センターで20日に打ち上げられた長征3号Bが搭載していた北斗3号衛星の予定の軌道への投入に成功、長征3号シリーズの打ち上げ回数は中国最多の100回に達した。中国の衛星打ち上げ回数は2018年、米国を抜き世界最多だった。写真は長征3号B。
四川省の西昌衛星発射センターで20日午後10時41分に打ち上げられた長征3号B(長征3号乙、CZ-3B)は搭載していた北斗3号衛星を予定の軌道に投入することに成功した。長征3号シリーズの打ち上げ回数は単一シリーズとして中国最多の100回に達した。中国の衛星打ち上げ回数は2018年に初めて米国を抜き、世界最多になった。環球時報が2019年4月22日付で報じた。

中国は衛星打ち上げ用の主力ロケットに「長征」の名をつけている。最も早い長征1号のベースになったのは、東風3号(DF-3)弾道ミサイル。中国は1950年代に、旧ソ連の技術移転によりDF-1、DF-2の弾道ミサイルを得たが、中ソ対立によりDF-3は自力で開発した。

長征3号は1984年に初めて打ち上げられた。現在は、長征3号A、同B、同Cが使用され「長征3三兄弟」などと呼ばれている。

記事は長征3号シリーズについて、2018年には過去最高の年間14回の打ち上げを実施と紹介。かつては年間に2基か3基が限界だった製造数も、現在は8~10基に引き上げられた。打ち上げから次の打ち上げまでの期間も60日から21日に圧縮された。打ち上げ時に必要な人員もかつての300人から150人に減らせたという。

さらに切り離された1段ロケットの降下地点範囲をせばめ、電気系統の一体化設計、検測システムのスマート化など不断の改良が加えられ、同シリーズは将来も衛星打ち上げの需要を満たすことが可能という。

中国運載火箭技術研究院(運搬ロケット技術研究院)によると、2018年に長征3号シリーズは14回の衛星打ち上げを実施し、失敗はなかった。長征シリーズ合計では、23回の打ち上げに成功している。また、長征シリーズ以外も含めて中国は同年、38回の衛星打ち上げを実施し、31回だった米国を抜いて通年の衛星打ち上げ回数で初めて世界一になった。また、長征シリーズは2019年3月10日に実施した打ち上げで、打ち上げが累計300回に到達した。(翻訳・編集/如月隼人
【レコチャコンサル】

あなたの商品を中国で販売してみませんか?レコードチャイナがお手伝いします!
詳しくはこちら


【社内スタッフ募集】

中国語担当スタッフ韓国語担当スタッフを募集しています。応募はこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 1

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事