Record China

ヘッドライン:

中国の「火星基地」が完成=周囲は荒涼たる砂漠、中学生らがさっそく体験

配信日時:2019年4月23日(火) 0時30分
拡大
1/3枚
中国が「火星1号基地」を完成させた。とは言っても甘粛省金昌市の一角にある施設の名だ。行政区画としては「市」の一部だが市街地から離れた場所。周囲は荒涼たる砂漠地帯で、有名なゴビ砂漠の端に当たる。正式開業は17日で、中学生など100人以上が訪れ、「火星生活」を体験した。新華社が19年4月19日付で伝えた。

その他の写真

単なる娯楽目的ではなく、金昌市政府が専門機関である中国航天員科学研究所(宇宙飛行士科学研究所)訓練センターなどが共同で、25億2200万元(約421億円円)を投じて建設した本格的な施設だ。火星についての知見にもとづき、「移民」を想定した総合棟、エアロック、居住棟、生物棟など9棟で構成した。到着した直後の「火星着陸船」も設置されている。

17日は金昌市内から中学1年生100人余りが同基地を訪れ、専門家の指導と引率により「火星散歩」「火星の洞窟観察」など、模擬基地外活動を通じて、宇宙飛行士の訓練や生存法を体験した。

中国では、科学知識の普及活動が盛んだ。自国が宇宙開発に力を入れていることもあり、「宇宙に対する関心」も高い。関連イベントに子を連れて足を運ぶ親は珍しくない。

一方で、社会的な問題として受験戦争の過熱がある。多くの親が子に対して、できるだけ多くの時間を「勉強」に割かせようとする。しかし、科学の知識を総合的に学ぶことは「点取り追求」に直接つながるわけではないが、知識を総合的に学ぶことが、知的好奇心や知的能力の向上につながり、回り回って「成績向上」につながると判断する親も多いという。(翻訳・編集/如月隼人)
【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

【日中WeChat交流広場オープン】
新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください! WeChatの掲載希望も大歓迎! あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら

関連記事

【CRI時評】米国は5年内に有人月着陸を再現できるのか

 米国のペンス副大統領は最近になり、米国家宇宙会議(NSpC)に出席して、米国は2025年までに、宇宙飛行士を再び月に送ると表明した。ペンス副大統領は、トランプ大統領が2017年12月11日に署名した「宇宙政策大統領令」を再確認し、21世紀における米国の有人月着陸計画のスケジュー...

CRI online
2019年4月19日 17時30分
続きを読む

中国が有人月探査に一歩…開発目指す長征9号用・新型500トンクラスのロケットエンジン試験に成功

中国航天科技集団で推進技術を研究開発する同集団第六研究院は、有人月探査に利用することを念頭に置いた長征9号(CZ-9)の第1段に使用する推力500トンクラスのロケットエンジンの試験に成功した。写真は内モンゴル自治区西部にある酒泉衛星発射センター。

Record china
2019年3月27日 21時40分
続きを読む

米アポロ5型に匹敵する能力、中国・長征9号の開発が順調に進展―中国メディア

中国航天科技集団の関係者によると、早ければ2028年に長征9号の初の打ち上げを行う。2030年には年間4、5回の打ち上げ需要を見込む。同ロケットの打ち上げ能力は現状で中国最大の長征7号の10倍程度で、米国のサターン5型に匹敵する。写真は長征7号。

Record china
2018年11月1日 18時20分
続きを読む

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング