Record China

ヘッドライン:

<2018年日中関係10大ニュース(5)>第14回東京-北京フォーラムが東京コンセンサスを発表、共同世論調査で民意の改善が明らかに―華字紙

配信日時:2018年12月30日(日) 5時0分
拡大
26日、華字紙・中文導報(電子版)はこのほど、同紙編集部が選出した「2018年日中関係10大ニュース」を伝えた。

2018年12月26日、華字紙・中文導報(電子版)はこのほど、同紙編集部が選出した「2018年日中関係10大ニュース」を伝えた。

記事は、「2018年は日中平和友好条約締結40周年であり、日中関係が全面回復した年でもある。2018年を振り返り、読者のために日中関係10大ニュースをまとめた」とし、次のように伝えた。

(5)第14回東京-北京フォーラムが東京コンセンサスを発表、共同世論調査で民意の改善が明らかに

日中間で最大の民間外交のプラットフォームである第14回東京-北京フォーラムが10月13日、東京で開幕し、全体会議が行われた。会期は2日間、テーマは「アジアと世界の平和と協力発展に問われる中日の役割-中日平和友好条約の今日的な意味を考える-」で、日中両国から約1500人が参加した。

フォーラムでは「東京コンセンサス」が発表され、双方は14年間続く日中民間対話の歴史的使命を再認識し、日中の新型関係の基盤とプラットフォームを築くために建設的な役割を果たすことに意欲を示した。

フォーラムに先立ち発表された日中共同世論調査結果によると、日本に「良い」印象を持つ中国人が2005年の調査開始から初めて4割を超えた。中国に「良くない」印象を持っている日本人は86.3%と、前年比2ポイント減少したが依然高い。現在の日中関係について「良い/どちらかといえば良い」とした中国人は前年の22.8%から30.3%に増加した。「悪い/どちらかと言えば悪い」は45.1%で前年から19.1ポイントも減少した。日本世論でも「悪い/どちらかと言えば悪い」は5.9ポイント減少して39%となった。日中の民意の改善は、日中関係好転の基礎となる。(翻訳・編集/柳川)

【新型肺炎】
リアルタイムで世界の患者数を確認する

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

中日両国間における2018年のトピック総まとめ

2018年も残すところあと少し。今年は中日両国にとって中日平和友好条約締結40周年という記念すべき年であっただけでなく、日本の安倍晋三首相が7年ぶりに中国を公式訪問し、中国の李克強国務院総理も総理就任後、初めて日本を公式訪問した。

人民網日本語版
2018年12月22日 0時20分
続きを読む

「自国第一主義は世界経済の脅威」「日中は互いに覇権求めず」=第三国市場とIT分野で協力推進―日中有識者会議が合意文書

日中の平和促進と経済発展を目指す政官財言論界有識者会議「第14回東京・北京フォーラム」が合意文書『東京コンセンサス』を採択して閉幕。自国第一主義は世界経済の脅威となっている」と断じ、「日中両国は自由貿易体制や、国際協力を推進すべきだ」と指摘した。

Record China
2018年10月15日 16時10分
続きを読む

中国人の対日好感度が大幅改善、日本人は9割が中国の印象「悪い」と判断=双方とも過半数が「軍事的脅威感じる」―日中世論調査

言論NPOは中国国際出版集団と共同で実施した「第14回日中共同世論調査」の結果を発表。中国人の日本に対する好感度が大幅に改善したものの、日本側の意識はほとんど変わらず、日中両国民間で認識のズレが生じていることが分かった。写真は発表記者会見。

Record China
2018年10月11日 18時50分
続きを読む

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング