中国海軍の魚雷がベトナムに漂着、中国国防部「海南島東海域で訓練時に喪失」

配信日時:2018年12月23日(日) 18時40分
中国海軍の魚雷がベトナムに漂着、海南島東海域で訓練時に喪失
画像ID  1054116
中国政府・国防部は21日、ベトナムに漂流した魚雷について、海南島東部海域で12月初旬に実施した訓練時に喪失したものと考えられると発表した。同魚雷は潜水艦搭載用のY―6魚雷(写真)との見方が出ている。
中国政府・国防部は21日、ベトナムに漂流した魚雷について、海南島東部海域で12月初旬に実施した訓練時に喪失したものと考えられると発表した。

新浪網など中国メディアが20日ごろから、外電を引用してベトナムへの魚雷漂着を報道していた。記事によると、ベトナム中南部のフーイエン省で18日、地元漁民が海岸から約4カイリ(約7.4キロメートル)の沖合いで円筒形の大きな物体が漂流しているのを発見したという。岸まで曳航(えいこう)した後に地元警察が調べたところ、中国製魚雷と分かった。

魚雷の長さは約6メートルで直径は約53センチメートル。外部には中国語表示もあったという。大きさや形状から同魚雷は中国海軍が使用する魚―6(Y―6)重型魚雷との見方が出た。Y―6は西安精密機械研究所が開発した魚雷で、中国海軍は05年から運用している。

Y―6は米国が潜水艦の主装備として使用するMk48魚雷に対抗するために開発されたとされる。Mk48は捜索・攻撃深度が最小で18メートル、最大で1374メートルとされる。最大速力は50ノット以上。配備されたのは1972年だ。

Y―6もMk48と同様に、潜水艦に搭載されているとされる。ただし、中国は開発に当たってMk48の実物を入手することができず、Mk48の公開された資料とソ連が1965年に実用化した53―65型魚雷を参考にしたので、Y―6とMk48では異なる点が多いという。

魚雷が漂着したフーイエン省は、中国が実効支配しベトナムも領有権を主張しているパラセル諸島(西沙諸島)の南西500キロメートルの位置にある。そのため、同省周辺海域は「緊張度の高い海」と言えるが、中国国防部は訓練の際に魚雷を喪失したのは海南省東部近海と説明。「おそらく海流の影響でベトナム近海に漂流していったのだろう」との見方を示し「当該魚雷は一般訓練用であるだけで、具体的な目標を持つものではない」と主張した。(翻訳・編集/如月隼人
【社内スタッフ募集】
中国語担当スタッフ韓国語担当スタッフを募集しています。応募はこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 3

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事