中国の飛行艇開発は「前途多難」、離着陸に成功したAG600の設計責任者が証言―中国メディア

Record China    2018年10月23日(火) 0時0分

拡大

中国では、開発中の飛行艇「AG600」が20日に初めて離着水に成功したことで、多くのメディアが「お祝いムード」の報道を展開した。しかし設計責任者らは、解決せねばならない問題が多く、「前途多難」であることを認めた。

新疆ウイグル自治区で最も有名な日本人・小島康誉。彼はどのようにして新疆にたどり着き、現地の人々から敬慕されるに至ったのか。購入はこちら

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携