2019年はパンダと一緒に!カレンダー発売中

中国「FTC-2000G」戦闘機が初飛行=輸出用の低価格機として開発

配信日時:2018年9月29日(土) 16時10分
中国「FTC-2000G」戦闘機が初飛行=輸出用として開発
画像ID  1029155
中国メディアの中国新聞社によると、FTC-2000G戦闘機が28日午前、初飛行に成功した。同機は輸出用の低価格機として開発された。
中国メディアの中国新聞社によると、FTC-2000G戦闘機が28日午前、初飛行に成功した。同機は輸出用の低価格機として開発された。

その他の写真

FTC-2000Gは28日午前10時48分、貴州省の安順空港を離陸し、十数分の飛行を行った後、午前11時4分に着陸したという。

FTC-2000Gは高等練習機として開発されたJL-9(教練9)をベースに、中航工業貴飛公司などによるジョイントベンチャーの貴飛連合体が開発した。制空戦闘だけでなく各種攻撃任務、偵察などを実施できる戦闘機で、マルチロールファイター(多任務戦闘機)あるいはマルチロール機に分類される。

航続距離は最大で2400キロメートル、最大速度はマッハ1.2、最大搭載重量は3トンだ。吸気部分には、量産機としては中国とパキスタンの共同開発によるFC-1が世界で初めて採用したダイバータレス超音速インレットを踏襲している。また、複座式(2人乗り)であることは地上攻撃の際には有利と言う。複座式は練習機であるJL-9を踏襲したもので、どちらの席でも操縦が可能だ。

FTC-2000G戦闘機は輸出用を念頭に、アフリカやアジアにおける関連市場を詳細に調査した上で、開発計画が決められた。28日の初飛行にも一部国家の関係者が視察に訪れたという。

中国新聞社によると中航工業貴飛公司の王文飛董事長(会長)はFTC-2000Gの開発方式について、貴飛連合体には軍需企業と民間会社が2けた台の企業数で参加したと説明。中国における軍民融合発展戦略の実践事例になったという。(翻訳・編集/如月隼人
レコードチャイナによる取材をご希望の方は、ウィチャット(WeChatID:renshujian197523)までご連絡ください。その際は自己紹介と要件を明記して下さい。
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 2

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事