中国で空軍の積極攻勢論「H-6k爆撃機でマラッカ海峡制圧」「J-20戦闘機は防衛用でなく攻撃用」

Record China    2018年6月2日(土) 8時20分

拡大

中国の報道ではこのところ、空軍による積極攻勢論が多くなっている。「H-6K爆撃機の南シナ海進出はマラッカ海峡制圧を見据えたもの」「J-20戦闘機は防衛用でなく侵攻用」などだ。写真はJ-20戦闘機。

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携