日本はなぜまだ台湾を上から見ているのか―中国メディア

配信日時:2018年9月15日(土) 14時50分
日本はなぜまだ台湾を上から見ているのか
画像ID  1017887
解放日報の電子版である上観は13日、、「植民統治を終えてから70年以上が経過した今においても、なぜ日本は台湾を植民地のように扱うのか」と論じる記事を掲載した。写真は台南に設置された慰安婦像。
解放日報の電子版である上観は13日、「植民統治を終えてから70年以上が経過した今においても、なぜ日本は台湾を植民地のように扱うのか」と論じる記事を掲載した。

記事は、「台湾が日本の植民支配から脱して70年余りが経つ今もなお、日本人の台湾人に対する優越感、特に植民者のような振る舞いはちっとも変わっていない。近ごろ発生した右翼主義者が慰安婦像を蹴った事件は、その最たるものだ」と主張した。

記事は、「韓国は民間団体が世界各地で慰安婦像を造って日本政府の無責任さを批判し、外交問題にも発展している。一方で台湾の民進党当局に対しては、この問題を避けるどころか『自ら望んでいた』という主張さえ出現した。日本の右翼が韓国に行かず、台湾で慰安婦像を蹴るのは、民進党当局が『媚日政権』であることに付け込んでいるからだ」とも論じた。

さらに「日本が台湾を占拠して間もないころに民政長官を務めた後藤新平は、現地住民の抵抗に対して『ヒラメの目をタイの目にすることはできない』と語った。これは、台湾人が日本人より劣っていること、屈服しない台湾人へのやるせなさを示したものだ。日本は台湾を利用して中国本土をけん制しようと考えるとともに、台湾に対してますます傲慢(ごうまん)になっている。日々日本に媚びようとしている民進党当局は、日本にとってますます『醜いヒラメ』になっているのだ」と主張した。(翻訳・編集/川尻
レコードチャイナによる取材をご希望の方は、ウィチャット(WeChatID:renshujian197523)までご連絡ください。その際は自己紹介と要件を明記して下さい。
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 2

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • こごと***** | (2018/09/15 18:51)

    いやはや凄い歪曲プロパガンダだねぇ。 日本人でも、この言葉だけを聞いたら「台湾蔑視」と感じるかもしれないほどだね。 この言葉は児玉源太郎が台湾総督になった時、意見を求められた後藤の返事である。真意は「ヒラメの目が2つ並んでいるのにはちゃんと理由がある。これを無理やり鯛のように両側に付け替えるわけにはいかない」つまり現地の慣習を無視してはならない、という意味で語られた言葉である。 背景には先代総督の乃木希典が度々強権を発動して現地の不満分子を抑え込み、却って住民の反発を受けて騒動が絶えなかった「歴史」がある。 人の遺した言葉を、それが語られた背景も真意も探ることなく自分の都合のいいように解釈(解釈とは到底言えないものだが)して吹聴する。 ジャーナリストの風上にも置けない不届き者である。 ただ、日本にもそういう”自称ジャーナリスト”が沢山いるから、あまり人のことは言えないけどね・・・
    このコメントは非表示に設定されています。
  • Tom***** | (2018/09/15 15:42)

    なぜ中国は台湾を見下すのか。なぜ台湾人が「統一したくない」と言ってるのに「しなければ戦争だ」と脅すのか。
    このコメントは非表示に設定されています。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事