中国観光地のハングル表記、「消えうせろ!」の看板も―韓国ネット

Record China    2015年10月21日(水) 15時10分

拡大

19日、中国江西省の観光地に設置されている看板が話題となっている。喫煙エリアに「火の気を消して、思いやりを」と書かれているが、韓国語訳は「消えうせろ!火星」、日本語訳は「あなたの火星を消しを残している」とおかしな内容になっている。写真は火星。

(1 / 2 枚)

2015年10月19日、中国江西省の観光地に設置されている看板のハングル誤表記が韓国で話題になっている。

その他の写真

江西省にある三清山の登山ルートの喫煙エリアに設置された看板に書かれているのは、「火の気を消して、思いやりを」という注意書き。韓国語と日本語が併記されているのだが、韓国語に訳された文では「消えろ」という罵倒語が使われており、「消えうせろ!火星」という意味になってしまう。日本語訳もまた「あなたの火星を消しを残している」とおかしな内容になっている。

この記事に対し、韓国のネットユーザーからは「消えうせろ、お前の火星!!」「これ、誰が翻訳したのさ。笑っちゃうね」「ひと目でわかる自動翻訳…」「こんな簡単な間違いでも使っちゃうの?それも遠いアフリカでもなく、すぐ隣の国の言葉なのに…。国内の朝鮮族に頼めば済むはずだろう」などのコメントが寄せられた。

また、韓国にも似たような問題があると指摘する声も多く、「われわれ韓国の英語訳を米国人が見たときも同じように思うだろう」「中国だけではない。韓国も似たり寄ったり。我々の言葉を中国語にすると同じように訳の分からないことになっている」「こういうのは日本も中国も、韓国も同じだね」といった意見もあった。(翻訳・編集/岡田)

この記事のコメントを見る

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携