Record China

ヘッドライン:

内藤 康行

職業/環境・危機コンサルタント

中国に関わり40年、中国の環境問題の今を伝える!

1950年生まれ。横浜在住。中学生時代、図書館で「西遊記」を読後、中国に興味を持ち、台湾で中国語を学ぶ。以来40年近く中国との関わりを持ち現在に至る。中国の環境全般と環境(水、大気、土壌)に関わるビジネスを専門とするコンサルタント、中国環境事情リサーチャーとして情報を発信している。著書に「中国水ビジネス市場における水ビジネスメジャーの現状」(用水と廃水2016・9)、「中国水ビジネス産業の現状と今後の方向性」(用水と廃水2016・3)、「中国の農村汚染の現状と対策」(CWR定期レポ)など。

中国の2018年海水淡水化産業の近況

海水淡水化は海水脱塩で淡水を産量する。水資源利用技術は水源増加と淡水総量の増加を実現する。時間や気象の景況も受けないため沿海住民の飲用水や工業用水等の安定給水を保障できるのが海水淡水化である。写真は中国。

2018年5月1日(火) 19時10分
続きを読む

ランキング