【募集中】中国語・韓国語社内スタッフ

木口 政樹

イザベラ・バードが理想郷と呼んだ山形県・米沢市出身。1988年渡韓し慶州の女性と結婚。三星(サムスン)人力開発院日本語科教授を経て白石大学校教授(2002年〜現在)。趣味はサッカーボールのリフティング、クラシックギター、山歩きなど。著書に『おしょうしな韓国』、『アンニョンお隣さん』など。まぐまぐ大賞2016でコラム部門4位に選ばれた。

著書はこちら(amazon)

Twitterはこちら
※フォローの際はメッセージ付きでお願いいたします。
  • チェ・ブジャチプの六つの家訓
    2019年3月25日(月) 21時50分
    前回ではチェ・ブジャチプの六つの家訓について書いた。六訓(ユックン)と言われているものである。資料写真。
  • 韓国で有名な「金持ち崔さんの家」とは
    2019年3月11日(月) 23時30分
    北核問題はちょっとおいておいて今回はお金持ちの話を書いてみたい。妻のふるさと慶州にチェ・ブジャチプというのがある。チェは「崔」で名字である。ブジャは「富者」、チプは「家」ということで、「金持ち崔さんの家」というくらいの意味である。写真は慶州。
  • 米朝首脳会談は失敗にあらず、非核化の定義がはっきりした
    2019年3月5日(火) 19時20分
    トランプのディールの内容がボルトンによって明らかにされた。全ての核施設はもちろん、生物化学兵器など大量殺戮兵器も含めては全て除去するということ。これが米国の要求する「非核化」の定義であったわけだ。
  • 米朝首脳会談、決裂!お先真っ暗となった金正恩
    2019年3月1日(金) 12時30分
    米朝首脳会談が合意点を見出せず決裂した。トランプは北の核施設の全てをリストアップして教えろといい、金正恩は寧辺の核施設の提出で経済制裁を解除してくれと要求した。ビッグディールを双方が望み、それが(予想通り)全面衝突して決裂したという格好だ。
  • 「非核化」の定義はどうなる?第二次米朝首脳会談迫る
    2019年2月26日(火) 6時10分
    2月27、28日の両日にベトナムのハノイで開催されることが決まった第二次米朝首脳会談は韓国では火急の話題だ。米朝の高官らが現在首脳会談での議題まとめに奔走している。資料写真。
  • 韓国には「化け物」みたいな人がときどきいる
    2018年12月12日(水) 0時40分
    今回は韓国のバス王、許明会(ホ・ミョンフェ)氏のことをご紹介したい。2000年にMBCという放送局で放映した番組が最近また再放送され、それを偶然見てこれはすごいと思ったからである。写真は韓国・ソウル。
  • 命からがら韓国に亡命した北の若者の今
    2018年11月28日(水) 20時50分
    2017年の11月に、板門店のJSAにジープで乗り込んで脱北したオ・チョンソン氏のことは記憶に新しいかと思う。このオ・チョンソン氏のインタビュー記事が朝鮮日報に出ていた。記事を参考にしながら筆者のことばでお届けしたい。写真は板門店。
  • 韓国の大学から消えてしまった「美しい文化」
    2018年11月25日(日) 22時0分
    大学の教室でのこと。授業の始まる前、教卓に紙コップの熱いコーヒーがそっとおいてある。ときにはちょっと値の張る缶ジュースだったり缶コーヒーだったりする。写真は韓国の大学の図書館。
  • 日韓請求権協定、一般の韓国人はどう見ている?
    2018年11月6日(火) 21時20分
    韓国の最近の話題をあれこれサマライズしてみたい。写真は韓国・ソウル。
  • 竹下通りで出会った日本の女子学生、娘の問いかけにけげんそうな面持ち
    2018年11月3日(土) 23時20分
    娘が小学校を終え、中学に入学する間の冬休みに、娘を連れて何度目かの一時帰国をした。家で私が日本語を少しずつは教えていたが、日本語は片言の力しかないころだった。写真は竹下通り。
おすすめ記事

SNS話題記事