2019年はパンダと一緒に!カレンダー発売中

木口 政樹

イザベラ・バードが理想郷と呼んだ山形県・米沢市出身。1988年渡韓し慶州の女性と結婚。三星(サムスン)人力開発院日本語科教授を経て白石大学校教授(2002年〜現在)。趣味はサッカーボールのリフティング、クラシックギター、山歩きなど。著書に『おしょうしな韓国』、『アンニョンお隣さん』など。まぐまぐ大賞2016でコラム部門4位に選ばれた。

著書はこちら(amazon)

Twitterはこちら
※フォローの際はメッセージ付きでお願いいたします。
  • 米朝の膠着状態を解くかぎは信頼しかない、韓国・中国の動きにも注目
    2019年1月11日(金) 18時40分
    韓国のNHKにあたるKBSの時事番組「チャン」をはじめ、今韓国では北朝鮮を扱うニュースや時事番組が多い。写真は米朝に関する韓国の報道。
  • 韓国の正月の風物詩「ゴーストップ」、日本の花札から発展
    2019年1月4日(金) 21時40分
    韓国で「ゴーストップ」を知らない人はいない。最近は、ひところと比べてあまりゴーストップの話を聞かなくなったが、しかしやはり依然としてゴーストップは盛んだ。資料写真。
  • 親韓派も驚いた日韓の出来事、韓国の今年1年を振り返る
    2018年12月21日(金) 21時30分
    2017年の8月ごろからソウルを火の海にしてやるぞと威嚇的な発言を続けていた金正恩国務委員長。金委員長が「核のボタンはオレの机の上にある」と言ってのけたことから2018年は始まった。写真は板門店の韓国側。
  • 韓国には「化け物」みたいな人がときどきいる
    2018年12月12日(水) 0時40分
    今回は韓国のバス王、許明会(ホ・ミョンフェ)氏のことをご紹介したい。2000年にMBCという放送局で放映した番組が最近また再放送され、それを偶然見てこれはすごいと思ったからである。写真は韓国・ソウル。
  • 命からがら韓国に亡命した北の若者の今
    2018年11月28日(水) 20時50分
    2017年の11月に、板門店のJSAにジープで乗り込んで脱北したオ・チョンソン氏のことは記憶に新しいかと思う。このオ・チョンソン氏のインタビュー記事が朝鮮日報に出ていた。記事を参考にしながら筆者のことばでお届けしたい。写真は板門店。
  • 韓国がサッカーで金メダル、でも韓国人学生の顔はどんよりしていた
    2018年9月5日(水) 17時20分
    アジア大会が終わった。日本が何位であろうと韓国が何位であろうとどうでもいいことだけれど、今回ここで取り上げようとするのは、韓国の「兵役免除」問題である。写真はアジア大会のサッカー韓国代表。
  • 冗談だろ?花のような韓国の女子学生の一番好きなものに耳を疑った
    2018年8月22日(水) 22時50分
    韓国で日本語を教えはじめて5カ月ほど経ったころだろうか。ある授業で「いちばん好きなもの」というテーマが教科書に書いてあった。「ケーキ」とか「クレープ」なんていう答えがかえってくるんだろうというような気持ちで聞いてみたわけである。写真は韓国料理。
  • 日本人の私が韓国に来て感じたコンプレックス
    2018年7月30日(月) 21時50分
    韓国暮らしが今年の10月で30年になるが、こちらに来てから特別の不満はない。しかし、一つだけちょっとひっかかるものがある。背が低いと言う声を聞くようになったことだ。写真は韓国・ソウルの地下鉄。
  • 韓国と日本は、天と地の関係である
    2018年7月22日(日) 15時10分
    「アーリラン、アーリラン、アーラーリーヨー」という「アリラン」。ご存じの方も多いことだろう。韓国の歌といえば、このアリランということになろう。写真は韓国・ソウル。
  • 「日本が負ければいい」韓国人がW杯で日本を応援しない理由
    2018年7月4日(水) 22時10分
    今回のロシア大会。アジア勢は日本だけを残して全て散ってしまった。16強に這い上がったのは日本のみ。だったらアジアの人は皆日本を応援するのだろうか。否だ。写真はサッカーワールドカップロシア大会。
おすすめ記事

SNS話題記事