<コラム>赤ちゃんを助けるために医師を辞めて起業した韓国人

木口 政樹    2020年5月9日(土) 22時10分

拡大

1937年、ソウルのある病院の小児科に、勤務して1週間になる若い医者がいた。そこで激しい「消化不良」を病んでいる生まれたばかりの赤ちゃんと出会う。この出会いが彼の生涯を決めることになった。資料写真。

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携