日本語教師になって知る、異文化コミュニケーションの複雑さ

大串 富史    2021年3月15日(月) 23時20分

拡大

今後ますます中国の人々を含む外国の人々との「人間だからこそできる」異文化コミュニケーションが、日本でも中国でも必要とされていくだろう。資料写真。

難しい文法もAちゃんがやさしく解説!楽しみながら「おもてなし中国語」をマスターしちゃおう!
購入はこちら

新疆ウイグル自治区を150回以上訪問、『現代の阿倍仲麻呂』と呼ばれている小島康誉氏。人気コラムが待望の書籍化!購入はこちら

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携