<コラム>中国の国慶節で目の当たりにした、こちらのお国事情

大串 富史    2020年10月2日(金) 10時0分

拡大

(1 / 2 枚)

数年前の北京の知⼈の⼦供の夏休みの課題図書、「閃閃的紅星」と「両个小八路」。定番中の定番な中国の抗日図書であるにもかかわらず、日本語でいくらググっても見つからないぐらい日本人には知られていない。

難しい文法もAちゃんがやさしく解説!楽しみながら「おもてなし中国語」をマスターしちゃおう!
購入はこちら

新疆ウイグル自治区を150回以上訪問、『現代の阿倍仲麻呂』と呼ばれている小島康誉氏。人気コラムが待望の書籍化!購入はこちら

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携