ミャンマーなど「黄金の三角地帯」でのアヘン生産量が増加=背景に中国での需要拡大―国連報告書

Record China    2014年12月10日(水) 14時8分

拡大

(1 / 2 枚)

8日、国連薬物犯罪事務所は、ミャンマーとラオス、タイに囲まれた「黄金の三角地帯」で、ケシ栽培の耕作面積とアヘンの生産量が増えていると指摘した。中国でのヘロイン使用量が増えており、アヘンの需要も拡大しているという。資料写真。

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携