国連のヘイト審議、「日本には“深刻な人種差別”が存在」と指摘する委員も―中国メディア

Record China    2014年8月22日(金) 11時16分

拡大

(1 / 2 枚)

21日、新華社通信は、「国連人種差別撤廃委員会は20、21日、韓国人などに対する日本のヘイトスピーチ(憎悪表現)に関して審議し、日本政府への勧告案をまとめた」と伝えた。写真は東京。

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携