Record China

ヘッドライン:

国連のヘイト審議、「日本には“深刻な人種差別”が存在」と指摘する委員も―中国メディア

配信日時:2014年8月22日(金) 11時16分
拡大
21日、新華社通信は、「国連人種差別撤廃委員会は20、21日、韓国人などに対する日本のヘイトスピーチ(憎悪表現)に関して審議し、日本政府への勧告案をまとめた」と伝えた。写真は東京。
(1/2枚)

2014年8月21日、新華社通信は、「国連人種差別撤廃委員会は20、21日、韓国人などに対する日本のヘイトスピーチ(憎悪表現)に関して審議し、日本政府への勧告案をまとめた」と伝えた。

その他の写真

審議では、「日本には“深刻な人種差別”が存在する。日本の一部の右翼勢力はメディアやネットを通し差別的な主張を行っているにもかかわらず、日本政府はこれらの勢力を罰していない。これにより状況はますます悪化している」と指摘した委員も見られた。

同委員会の勧告案では「差別禁止法の制定が必要」と日本に求めており、日本側の意見を聞いたのち、来週に勧告案を発表するという。(翻訳・編集/内山

関連記事

日本のヘイトスピーチは「人種差別」なのか?国連審議に韓国が期待「日本に恥をかかせてくれ」―韓国メディア

12日、韓国・聯合ニュースによると、国連の人種差別撤廃委員会が、日本の「あらゆる形態の人種差別撤廃に関する国際条約(人種差別撤廃条約)」の履行状況について審査することについて、韓国政府や韓国国民の期待が高まっている。写真は反韓デモの様子。

Record China
2014年8月13日 17時32分
続きを読む

舛添都知事、ヘイトスピーチ規制を要請=韓国ネット「いよいよ狂ったか」「右翼だけでなく日本人全体の問題」

7日、東京都の舛添要一知事は、在日韓国人などに対する民族差別的なデモ「ヘイトスピーチ」を規制する法整備を自民党に要請した。これを受け、韓国のネットユーザーはさまざまなコメントを寄せている。写真は反韓デモ。

Record China
2014年8月8日 2時20分
続きを読む

ランキング