<羅針盤>「最もよく人を幸福にする人が最もよく幸福となる」=年の終わりに、父・一真の言葉を想起―立石信雄オムロン元会長

立石信雄    2018年12月30日(日) 5時30分

拡大

2018年もあとわずか。内外情勢激動の時代、日本経済と企業経営にとっても試練の年であった。年の終わりに、オムロンの創業者である父・立石一真が残した「言葉」をかみしめている。写真は鳴滝の自宅での立石一真。

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携