手詰まり感漂う文政権の北朝鮮政策、「むなしい運転席にこだわる時ではない」と主要紙

Record China    2020年7月12日(日) 9時50分

拡大

韓国・文在寅政権の北朝鮮政策に手詰まり感が漂っている。文大統領は米朝首脳会談の仲介に意欲的だが、北朝鮮側は一蹴。韓国紙は「むなしい『運転席』にこだわる時では」といさめた。写真は北朝鮮。

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携