慰安婦ミュージカルの演出家の「セクハラ問題」が波紋、元慰安婦後援事業をする息子にも飛び火―韓国

Record China    2018年2月27日(火) 18時40分

拡大

27日、韓国の演出家ユン・ホジンさんがこのほど、自身に対する「セクハラ疑惑」を認めて謝罪したが、この問題がさまざまな方面に波紋を呼んでいる。写真は韓国・ソウルにある慰安婦少女像。

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携