中国を「脅威」と名指しした“野田式外交”が意図するものとは?―SP華字紙

Record China    2011年10月20日(木) 13時3分

拡大

(1 / 4 枚)

16日、野田佳彦首相が航空自衛隊の観閲式で、中国と北朝鮮が「脅威」であるとの認識を示し、不測の事態に備えるよう訓示したことを受け、シンガポール華字紙が「野田式外交の意図」について論じた。写真は昨年10月、済南軍区で行われた人民解放軍の空軍演習。

16日、野田佳彦首相が航空自衛隊の観閲式で、中国と北朝鮮が「脅威」であるとの認識を示し、不測の事態に備えるよう訓示したことを受け、シンガポール華字紙が「野田式外交の意図」について論じた。写真は昨年10月、済南軍区で行われた人民解放軍の空軍演習。

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携