「台湾独立」支持芸能人のボイコット問題、台湾にゆかりある中国の政協委員は「良い暮らしをしておいて…」と辛らつな発言―中国メディア

Record China    2017年3月9日(木) 13時30分

拡大

8日、中国台湾網は、台湾の独立を支持する台湾芸能人が中国本土でボイコットされている問題について伝え、原籍が台湾の全国政治協商会議委員で映画監督の雷献禾氏の発言を紹介した。写真は台湾の独立運動。

難しい文法もAちゃんがやさしく解説!楽しみながら「おもてなし中国語」をマスターしちゃおう!
購入はこちら

新疆ウイグル自治区を150回以上訪問、『現代の阿倍仲麻呂』と呼ばれている小島康誉氏。人気コラムが待望の書籍化!購入はこちら

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携