ブルース・リー映画で「白人至上主義」に不満の声!フィクションの弟子がなぜか主役に―中国

Record China    2016年10月23日(日) 22時0分

拡大

(1 / 2 枚)

22日、アクションスターのブルース・リーを描く映画「Birth of the Dragon」が、「白人至上主義」と批判されている。写真はブルース・リー。

中国や韓国の専門知識を生かしませんか?
レコードチャイナではコラムニストを募集しています。
どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携