日本語の先生に思わず「うめー」と言ってしまい、慌てて「うまい」と言い直した―中国人女子学生

日本僑報社    2015年8月31日(月) 8時49分

拡大

(1 / 4 枚)

中国人が日本語を学習する際に難しいと言われるもののなかに「敬語」がある。遼寧師範大学の王瑩さんは、日本語の使い分けを通じて自分なりの「日中の懸け橋」を見付けたようだ。

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携