北星学園大、慰安婦問題を広めた元朝日記者の雇用継続=韓国ネット「韓国の真の敵!」「一筋の光が見えた」

配信日時:2014年12月18日(木) 23時25分
北星学園大、慰安婦問題を広めた元朝日記者の雇用継続=韓国ネット「韓国の真の敵!」「一筋の光が見えた」
画像ID  447462
18日、韓国メディアによると、日本の北星学園大学が、慰安婦問題の記事を報じた朝日新聞元記者の植村隆氏を講師として引き続き雇用すると明らかにした。これを受け、韓国のネットユーザーはさまざまなコメントを寄せている。写真は韓国の慰安婦歴史館。
2014年12月18日、韓国・聯合ニュースによると、日本の北星学園大学が、慰安婦問題の記事を報じた朝日新聞元記者の植村隆氏を講師として引き続き雇用すると明らかにした。

その他の写真

植村氏は1991年、元慰安婦の韓国人の証言を取り上げた記事を報じ、日本社会に慰安婦問題を広めた。そのため、大学には、「日本の名誉を傷つけた記者の雇用継続は認めない」などと主張する電話や手紙が相次いでいた。

同大学の田村信一学長は17日、記者会見を開き、「学生の安全のため、植村氏を再雇用しない方針だった。しかし、外部の脅迫によって教員の人事が変わってはいけない。憲法が保障する学問の自由が侵害されると判断し、植村氏の雇用継続を決定した」と明らかにした。

これを受け、韓国のネットユーザーはさまざまなコメントを寄せている。

「これが日本が優れている理由だ。日本を追い越したい韓国にとっての真の敵は、デモをする右翼団体ではなくこういう誠実な日本人たち!」

「この行動だけで、素晴らしい大学だということがわかった」

「慰安婦問題を日本社会に広めたのは、韓国人ではなく日本人だったのか…」

「国民がいくら頑張っても、国のトップが変わらなければ何の意味もない」

「勇気のいる行動!日韓関係を改善させる一筋の光が見えた」

「こういうニュースを見ると、『誠実な日本人がまだ残っていてよかった』とホッとする」

「なんで日本国民は安倍首相を選んだの?こういう日本人はごくわずかだということ?」(翻訳・編集/篠田)
最新ニュースはこちら

SNS話題記事