Record China

ヘッドライン:

「真夜中の五分前」、間もなく中国で公開、三浦春馬の中国語を共演者が絶賛―北京市

配信日時:2014年10月22日(水) 13時13分
拡大
20日、中国・北京市で、三浦春馬、リウ・シーシー、ジョセフ・チャンらが、「真夜中の五分前」の23日の中国公開に先駆け、記者会見に姿を見せた。
(1/3枚)

2014年10月20日、中国・北京市で、三浦春馬、リウ・シーシー、ジョセフ・チャンらが、「真夜中の五分前」の23日の中国公開に先駆け、記者会見に姿を見せた。

その他の写真

「真夜中の五分前」は、上海で美しい双子の姉に恋をした日本人青年(三浦春馬)が迷い込んだ不可思議な愛の世界を描く、ロマンティックなミステリー。原作は、本多孝好による同名のベストセラー小説「真夜中の五分前 five minutes to tomorrow side-A/side-B」

主演は三浦春馬が務め、全編を通し中国語に挑戦している。共演に中国の国民的ドラマ「宮廷女官 若曦(ジャクギ)」のヒロイン役など一躍トップスターに登りつめた中国No.1女優のリウ・シーシー(劉詩詩)、さらに台湾から、台湾年間視聴率一位を獲得した「最後はキミを好きになる!」の主演や映画「GF*BF」で日本での人気も高まるジョセフ・チャン(張孝全)らが熱演している。

20日の記者会見には、100社ほどのメディアとファン200人あまりが参加。この作品のために3カ月以上も中国語を勉強した三浦春馬は、流暢な中国語で挨拶。中国人が聞いても、とても自然な発音に、司会者だけでなく詰めかけたマスコミ陣からも拍手が巻き起こった。

勉強した中国語について三浦春馬は、「中国語でも、北京と上海の発音は微妙に違っており、 上海にきた後、セリフをまた徹底的に直され大変だった」と舞台裏のエピソードを披露。

このほか、三浦春馬の印象を聞かれ、リウ・シーシーは「中国語の発音がとてもよく、休憩中も一生懸命勉強していたことに感心した」と話し、ジョセフ・チャンは、「役に対して深く思考するなどの役作りの姿勢は特に学ぶべき点だった」と語っている。(編集/ENE)

関連記事

釜山国際映画祭に「真夜中の五分前」の行定勲監督、三浦春馬らが登場―中国メディア

9日、第19回釜山国際映画祭が今月2日午後に開幕した。オープニングレッドカーペットには、映画「真夜中の五分前」のメガホンを取った行定勲監督が、主演を演じた女優のリウ・シーシーや俳優の三浦春馬、ジョセフ・チャンと共に登場し、注目を集めた。

Record China
2014年10月10日 20時50分
続きを読む

ランキング