Record China

ヘッドライン:

国連、ヘイトスピーチに「法的規制が必要」=韓国ネット「国連は韓国の味方!」「日韓関係は修復不可能」

配信日時:2014年8月22日(金) 22時11分
拡大
21日、国連人種差別撤廃委員会はスイス・ジュネーブで2日間にわたって行われた対日審査について、日本政府への勧告案をまとめた。これについて、韓国のネットユーザーはさまざまなコメントを寄せている。写真は日本の反韓デモ。
(1/2枚)

2014年8月21日、国連人種差別撤廃委員会は、スイス・ジュネーブで20、21日の2日間にわたって行われた対日審査について、日本政府への勧告案をまとめた。

その他の写真

委員会は在日韓国・朝鮮人らに対するヘイトスピーチ(憎悪表現)に関連して、「包括的な差別禁止法の制定が必要」と指摘。委員は「非常に過激でスピーチ以上のものだ」「(取り締まる)警察が付き添っているかのように見えた」と批判した。委員会は月内にもこの案を基に「最終見解」を公表する。

これを受け、韓国のネットユーザーはさまざまなコメントを寄せている。

「これでやっと分かったか?嫌韓なんて子どもじみたことをしてるから、世界から批判され、孤立するんだ」

「国連が言ったところで日本政府は聞かないだろう」

「国連の言う通り。憎悪・差別発言は表現の自由ではない」

「本当は国連にここまで言われる前にやるべきことだけどね」

「日本政府はヘイトスピーチを意図的に放っておいたんだ。今回もなんとなくやり過ごすだろう」

「国連の対応が遅すぎた。日韓関係はもう修復不可能だ」

「ついに国連も韓国の味方になった!」

「国連の皆さん、日本に素敵なプレゼントをありがとう」(翻訳・編集/篠田)

関連記事

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング