韓国の新首相候補、親日的発言を否定=「なぜ親日と言われるのか理解できない」「私の名誉を傷つける」―韓国紙

Record China    2014年6月20日(金) 21時34分

拡大

19日、韓国新首相候補の文昌克氏は批判が集中している過去の親日的発言の問題について、「なぜ親日と言われるのか理解できない」と述べた。写真はハルビンにある安重根義士記念館の像。

(1 / 2 枚)

2014年6月19日、韓国新首相候補の文昌克(ムン・チャングク)氏は批判が集中している過去の親日的発言の問題について、「なぜ親日と言われるのか理解できない」と述べた。20日付で中国新聞社が韓国紙・中央日報の報道として伝えた。

その他の写真

文氏は記者に向かって、安重根(アン・ジュングン)に対する敬意や「大韓民国は誇らしい国になった」という意見を書いた過去のコラムを読み上げた。自身が親日と報道されたことに対しては、「理解できない。本当に胸が痛む」と否定。さらに、メディアに対し、「うわさに基づいた勝手な報道は私の名誉を大きく傷つけることになる」と述べ、事実を報道するよう求めた。

候補辞退を求める声が高まっていることについては、「国民に『売国奴』と誤解されたまま辞退することはできない」と述べ、人事聴聞会の準備を進めているとした。

文氏は過去に「韓国はかつて日本の植民地統治、南北分断など苦しい時期を経験したが、私はすべて神のご意思であると考えている」「韓国は自分たちの力で元慰安婦たちを守るべきで、日本の謝罪を受ける必要はない」などと発言していたことが分かり、韓国で問題視されていた。(翻訳・編集/藤)

この記事のコメントを見る

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携