代理母&巨額脱税で芸能界追放、ジェン・シュアンのインスタ発信に「往生際が悪い」

anomado    2021年9月8日(水) 13時50分

拡大

代理母出産および脱税騒動で芸能界から締め出された中国の女優ジェン・シュアンが、インスタグラムでメッセージ発信を始めたことで、ネットでは「往生際が悪い」などと批判の声も上がっている。

代理母出産および脱税騒動で芸能界から締め出された中国の女優ジェン・シュアン(鄭爽)が、インスタグラムでメッセージ発信を始めたことで、ネットでは「往生際が悪い」などと批判の声も上がっている。

ジェン・シュアンは今年1月、米国で代理母出産によってもうけた2人の子どもの育児を放棄したと、子どもたちの父親で元交際相手の男性が暴露したことで封殺状態に。これに続き、4月には巨額脱税の疑いも浮上し、このほど税務局が滞納金や罰金を合わせて2.99億元(約50億円)の支払いを命じた。これらの騒動により、ジェン・シュアンは芸能界から完全に締め出され、ジェン・シュアン本人やマネジメント側の中国版ツイッター・微博(ウェイボー)は7日までに完全に閉鎖されている。

ウェイボー使用禁止となったジェン・シュアンだが、今月4日からインスタグラムへの投稿を始めたことが分かった。投稿内容にはペットと思われる犬の写真や、過去の宣伝写真などが見られ、それぞれに「悲しまないで、私は美しいものへの追求を簡単に諦めない」「私が望む人生に近道はない」「奇跡が起こるには時間がかかる」などといった短いメッセージが、中国語や英語で添えられている。

インスタグラムへの投稿を喜ぶファンからは、「これからはここで会える」「あなたが行くところに私も行く」「無理せず続けて」といったコメントが寄せられているが、一般のネットユーザーからは批判の声が噴出。インスタグラムのスクリーンショットがウェイボーで拡散されると、「往生際が悪い」「落ちぶれたのは自業自得」「悲劇のヒロイン気取りで気分が悪い」「まだ自分は女優のつもりらしいね」といった声が上がっている。(Mathilda

この記事のコメントを見る

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携