日本のステルス戦闘機開発に驚いた北朝鮮、「侵略装備だ」と猛批判=韓国ネット「どっちにつく?」

Record China    2021年3月27日(土) 0時20分

拡大

25日、韓国・ニューシスは「日本の次世代ステルス戦闘機開発に驚いた北朝鮮…『侵略装備』と批判」と題する記事を掲載した。写真はステルス戦闘機。

2021年3月25日、韓国・ニューシスは「日本の次世代ステルス戦闘機開発に驚いた北朝鮮…『侵略装備』と批判」と題する記事を掲載した。

記事によると、北朝鮮の朝鮮中央通信は同日発表した論評で「日本の防衛省は先日、航空自衛隊の次世代戦闘機の開発および配備計画に基づき、三菱重工業など8社が共同設計に着手したと発表した」とし、「日本が軍国化の危険な歩みをまた一歩踏み出した」と批判した。

また「最新のステルス性能を備える次世代戦闘機は明らかに先制攻撃用であり、現行の日本憲法の専守防衛原則にも真っ向から反する侵略戦争装備。自衛隊の打撃力を一層高め、海外拡張の野望を必ずや実現しようとする分別のない行動だ」と指摘。さらに「戦闘機開発(の際)に悪質な戦犯記憶を主軸にして、国内防衛産業の技術力の維持について騒ぐのは、前世紀に日本に苦しめられた韓国とアジア諸国の人民に対する耐え難い挑戦だ」と批判した。

その上で「今のように世間から嫌われることばかり選択していては、必ず破滅の苦汁をなめるということを日本は肝に銘じた方ががいいだろう」と警告したという。

これを受け、韓国のネット上では「何と言おうが日本の前では同じ韓民族。日韓に問題が生じれば北朝鮮の肩を持つ」「早く統一しよう」「同じ民族同士一緒に暮らしていこう。韓国もこれ以上の発展は厳しいし、北朝鮮と一緒になるべき」と北朝鮮側を支持する声が寄せられている。

一方で「日本も嫌だけど、北朝鮮は本当に常識に欠ける」「自分たちは核を持ってるくせに(笑)」「もし両国がけんかになったら、どっち側につく?」など、「どっちもどっち」との声も多い。

その他に「韓国にもKFXがある(※韓国型次世代戦闘機)」「韓国も国産のステルス戦闘機を準備しよう」と主張する声も見られた。(翻訳・編集/松村)

この記事のコメントを見る

「おうち時間」に差をつけよう!“中国最高”のアナウンサー「Aちゃん」と学ぶ書籍「おもてなし中国語」刊行!購入はこちら

アジアの雑貨をお手頃価格で!ショッピングサイト「ANOMADO」オープン詳しくはこちら

求人情報はこちら

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携