四川省三星堆で半分だけの金の仮面が出土、画像修正の腕の見せ所? ―中国

人民網日本語版    2021年3月24日(水) 0時20分

拡大

四川省広漢市の長江上流域文明の中心とされる三星堆遺跡で最近新たに見つかった祭祀坑6基から、金の仮面、青銅器、玉製礼器、象牙などの文化財約500点が出土した。

四川省広漢市の長江上流域文明の中心とされる三星堆遺跡で最近新たに見つかった祭祀坑6基から、金の仮面、青銅器、玉製礼器、象牙などの文化財約500点が出土した。そのうち、出土した半分だけの金の仮面が注目を集めている。検査の結果、その金仮面の金の含量は約85%で、銀の含量が13‐14%、残りは不純物だった。現在見つかっているのは仮面の半分だけであるため、残りの半分は一体どうなっているのか?この問題に、ネットユーザーたちは想像を膨らませ、画像修正のスキルを活用して、オリジナル仮面を次々と作り上げている。

達人シリーズ

ネットユーザー:驚嘆!ワンダフルって感じ




アニメキャラシリーズ

ネットユーザー:スゴイって程じゃないけど、カワイイ







珍しい金の仮面のほか、四川省の三星堆遺跡では、ユニークで神秘的、生き生きとした青銅器がたくさん出土している。




微笑んでいる青銅の縦目仮面や上から見下ろす感じの青銅の立っている人物像、これまでに中国で発見された青銅の文化財の中で、最も大きな「1号青銅神樹」などがある。(提供/人民網日本語版・編集/KN)

この記事のコメントを見る

関連記事



   

三星堆遺跡で重要な考古学的発見

人民網日本語版

2021/3/20

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携