日韓W杯で相手の頭を蹴ったイ・チョンス氏「韓国人をばかにしてると思った」=中国ネットで非難殺到

Record China    2021年2月19日(金) 17時20分

拡大

2002年に行われたサッカーのW杯日韓大会の韓国対イタリア戦で、イタリア選手の頭部を蹴った韓国のイ・チョンス氏が当時のプレーについて語った様子が、中国で大きく報じられている。

2002年に行われたサッカーのワールドカップ(W杯)日韓大会の韓国対イタリア戦で、イタリア選手の頭部を蹴った韓国のイ・チョンス氏が当時のプレーについて語った様子が、中国で大きく報じられている。

同大会の決勝トーナメント1回戦の韓国対イタリアの試合の35分、イタリアのゴール前でボールがこぼれた際、イ・チョンス氏が倒れたイタリア代表DFパオロ・マルディーニ氏の頭部を蹴りつけた。主審のバイロン・モレノ氏(エクアドル)は近くで見ていたものの、警告や退場どころかファウルすら取らなかった。

このシーンについて、イ・チョンス氏は昨年に出演したバラエティー番組の中で、出演者らから「彼はわざと蹴ったと思う」「本当のことを話して」などと話を向けられると、「イタリアの選手にも非があった。相手を見下し、韓国人をばかにしていると思った。そして、ほかの韓国選手が蹴られて負傷していたときにああいう状況が来た。私が蹴ったのはマルディーニという選手で、韓国でいうホン・ミョンボのような選手(キャプテン)だ。マルディーニだから蹴ったのではなく、その時ちょうどそこにいたから(蹴った)」などと語った。

複数の中国メディアはこの発言について、「マルディーニの頭を蹴ったのは故意だったと明かした」と報道。中国のネットユーザーからは「あまりの恥知らずで何も言えなくなるレベル」「恥じるどころか、栄誉だとすら感じているようだ」「卑屈すぎる」「哀れな自尊心だ」「イタリア人が韓国人を見下しているのではなく、世界中の人が韓国人を見下している。特にスポーツにおいては」「韓国のスポーツにおける汚さは無敵。いまだに反省もしていない」といった厳しい非難の声が殺到している。

なお、この試合では韓国の選手がイタリアの選手に対して危険なタックルを仕掛けるなど激しいプレーが相次いだほか、イタリアのゴールが取り消されたり、当時エースだったトッティ氏が退場処分になったりするなど、不可解なほどに韓国に有利な判定が相次ぎ、結局、韓国が1-0で勝利。続く準々決勝も同様に“疑惑の判定”が相次ぎ、韓国はアジア勢として過去最高のベスト4に進出した。

頭部を蹴られたマルディーニ氏は過去に同大会を振り返り、「心からやり直したいと思う試合は韓国戦」「あの試合まで、私は審判の判定に怒ったことは一度もなかったが、あの日は怒らないことは不可能だった」と語っている。(翻訳・編集/北田

この記事のコメントを見る

コロナ休業で卸先が……その商品、レコードチャイナで販売しませんか?
あなたに代わって在日外国人コミュニティーにセールス致します!
詳しくはこちら

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携