西安咸陽国際空港の拡張工事中に約3500の古墓発見―中国

人民網日本語版    2021年2月18日(木) 23時0分

拡大

春節連休中に、第三期拡張工事が進められていた陝西省西安咸陽国際空港で、各種古代文化遺跡が4600カ所以上見つかった。

(1 / 3 枚)

春節(旧正月、今年は2月12日)連休中に、第三期拡張工事が進められていた陝西省西安咸陽国際空港で、各種古代文化遺跡が4600カ所以上見つかった。これには、各時代の古墓約3500基が含まれており、遺跡の数量・規模とも極めて大きいものという。

その他の写真

陝西省考古研究院空港新城考古研究基地のメンバーは全員、空港の拡張工事を予定通り進められるように、連休返上で超過勤務を行い、考古発掘作業に取り組んだ。

中国のネットユーザーからは「これぞ古都の奥深さ」「十三王朝が置かれた古都というのはこういうこと」などのコメントが次々寄せられた。(提供/人民網日本語版・編集/KM)

この記事のコメントを見る

コロナ休業で卸先が……その商品、レコードチャイナで販売しませんか?
あなたに代わって在日外国人コミュニティーにセールス致します!
詳しくはこちら

関連記事



   

社会 トピックス



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携