世界の特許権者上位250、中国はファーウェイが首位―中国メディア

人民網日本語版    2021年1月25日(月) 13時10分

拡大

世界トップレベルの特許関連データバンクを提供する米IFIクレイムズ・パテント・サービスは21日、世界の特許権者上位250ランキングを発表した。写真はファーウェイ。

世界トップレベルの特許関連データバンクを提供する米IFIクレイムズ・パテント・サービスは21日、世界の特許権者上位250ランキングを発表した。中国からは企業と機関の計8カ所がランク入りした。中国新聞網が伝えた。

うち、華為(ファーウェイ)、京東方(BOE)、聯想(レノボ)が中国の上位3位に並び、国際特許の「競技台」における中国企業の先頭グループを形成した。8企業・機関の順位と保有する特許権保有件数は次の通り。

ファーウェイ(24位)1万7112件

京東方(57位)9373件

レノボ(82位)6648件

TCL(91位)5823件

中興通訊(ZTE、107位)4878件

清華大学(215位)2318件

騰訊(テンセント、218位)2311件

海爾智家(ハイアール・スマートホーム、235位)2028件

このランキングは実際に特許を保有する企業に注目して、各社の子会社が保有する特許権も計上した。そのため、サムスンは有効特許が8万577件で首位に立ち、2位のIBMの3万8541件の2倍以上となった。

他の企業をみると、キヤノンが3位で3万6161件、マイクロソフトが4位、ボッシュが5位だった。このほか上位10位に並んだのは、パナソニック、LG、ゼネラル・エレクトリック(GE)、インテル、シーメンスだった。その他の有名企業では、クアルコムが15位、ノキアが18位、アップルが20位だった。

同ランキングは譲受人の国籍に基づいて作成した米国で授権された国別特許件数ランキングも発表した。1位は米国で、20年に譲受人に授権された特許は16万4379件に達した。中国は4位で1万8792件となり、19年に比べて11.3%増加した。(提供/人民網日本語版・編集/KS)

この記事のコメントを見る

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携