Record China

ヘッドライン:

急ピッチで強襲揚陸艦の建造進める中国、「台湾海峡や南シナ海で優位に」と中国メディア

配信日時:2021年1月3日(日) 7時0分
拡大
中国が上陸作戦に使われる強襲揚陸艦の建造を急ピッチで進めている、と米誌が報じた。中国メディアは「台湾海峡などで軍事的で優位に立つという念願実現のかぎを握る存在」と強調した。写真は台湾海峡。

中国が敵地への大規模な上陸作戦に使われる強襲揚陸艦の建造を急ピッチで進めている、と米誌ニューズウィークが報じた。中国メディアは「台湾海峡や南シナ海での軍事衝突で優位に立つという中国政府の念願実現のかぎを握る存在と強調している」という。

敵地へ上陸する場合、兵員や物資をいかに早く陸揚げするかが作戦の成否を握る。強襲揚陸艦は兵員、戦車、火砲などの上陸部隊、それを揚陸する舟艇やヘリコプター、さらには上空から援護する航空部隊をワンパッケージで運べる多目的艦で、上陸作戦では文字通りの要となる。

強襲揚陸艦としては米海軍の最新型「ワスプ」級が知られる。全長258メートル、満載排水量40650トン、空母型船体に広い飛行甲板を備えた世界最大の強襲揚陸艦だ。ワスプ級は約2000人の1個海兵遠征隊が乗船できる。軽装の兵員をヘリで上陸地点に輸送、艦の後部に設けたウェルドック(注水可能なドック型格納庫)から高速揚陸艇で重火器や物資を運び、いち早く海岸に橋頭堡(きょうとうほ)を設ける。さらに飛行甲板から発進したAVA8B戦闘攻撃機や攻撃ヘリが陸上部隊を上空から援護するというのが作戦の基本形となる。

ニューズウィークによると、昨年4月に進水したばかりの中国海軍の075型強襲揚陸艦(排水量約40000トン)の2隻目が上海の滬東造船所から東シナ海に向けて出航した様子が年末に撮影された。上海のニュースサイト「東方網」は「中国が『世界記録並み』のペースで艦船の建造を進めていることを示している」と報道。中国はまるで「餃子をつくるような」ペースで艦船を進水させていると伝えた。

人民解放軍は075型を計8隻発注。現在3隻目が建造中で、2021年の前半には引き渡される見通しだ。075型は最大30機の攻撃ヘリと最大900人の部隊の収容可能。中国共産党機関紙・人民日報系の環球時報は「075型が就役すれば、中国は例えば台湾や南シナ海などの島や岩礁での軍事作戦において『垂直展開』を実施することが可能になる」と誇示した。

中国への警戒を強める台湾は12月15日、初めて自主建造したステルス哨戒艦「塔江」を公開。25年までに11隻を建造予定だと明らかにした。安全保障の専門家たちは「空母キラー」の異名を取るこの哨戒艦は、中国海軍が台湾に侵攻してきた際に形勢を逆転させる助けになり得ると示唆した。

これに対し、環球時報は台湾の新たなステルス哨戒艦が圧倒的規模を誇る中国海軍に脅威をもたらすことはないと否定。075型にも搭載されているZ9型ヘリコプター1機で沈没させられると一蹴した。(編集/日向)

【アジア食品のネットサイトがオープン】
中華圏、韓国などのアジア食材が手軽に入手できます!
サイトはこちら

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

ランキング