山西省で周王朝の貴族の古墳発見、銘文のある銅器も出土―中国

人民網日本語版    2020年12月11日(金) 6時0分

拡大

山西省考古研究院は9日、地元の考古学専門家が、山西省垣曲県で、春秋戦国時代早期の高い地位にあった貴族の古墳9基が発見したほか、銘文のある銅器約50点・セットが出土したことを発表した。

(1 / 6 枚)

山西省考古研究院は9日、地元の考古学専門家が、山西省垣曲県で、春秋戦国時代(紀元前770‐紀元前221年)早期の高い地位にあった貴族の古墳9基が発見したほか、銘文のある銅器約50点・セットが出土したことを発表した。中国新聞網が伝えた。

その他の写真

今年4月から12月までに、山西省考古研究院は運城市文物ワークステーション、垣曲文化・観光局と共同で、運城市垣曲県英言郷北白鵝村の墓地1200平方メートルで考古発掘調査を行った。

今回発掘された古墳の被葬者の地位は高く、規模も大きく、銅、玉、石、漆、陶、骨、カラスガイ、鉛、金、漆塗りの木、皮革、麻縄、竹など各種文化財合わせて500点・セット以上が出土した。うち、最も重要な発見は、銘文のある銅器約50点・セットで、銘文は内容が豊富で、文字もはっきりしており、合わせて14篇確認された。

山西省考古研究院の楊及耘(ヤン・ジーユン)副研究員によると、出土した器物を分析したところ、墓地と河南省三門市の峡●国墓地(●はに寽へんに虎)、陝西梁帯▲国墓地(▲はくさかんむりに内)で出土した銅器の作り方、器物の形状・構造、装飾の仕方などの面で酷似していた。古墳の形状や構造などとも合わせて検証すると、この古墳9基は春秋戦国時代早期のものと推定されるという。(提供/人民網日本語版・編集/KN)

この記事のコメントを見る

新疆ウイグル自治区で最も有名な日本人・小島康誉。彼はどのようにして新疆にたどり着き、現地の人々から敬慕されるに至ったのか。購入はこちら

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携