Record China

ヘッドライン:

真珠湾で米海軍に太平洋戦争以来の動き…突然のドック建造、中国軍への対抗のためか―中国メディア

配信日時:2020年11月18日(水) 16時20分
拡大
中国メディアの環球網はハワイ・真珠湾の米軍海軍基地(写真)で、潜水艦の建造・補修のために新たなドックが建設される計画があると伝えた。

中国メディアの環球網は16日、ハワイ・真珠湾の米軍海軍基地で潜水艦の建造・補修のために新たなドックが建設する計画があると伝えた。真珠湾で新たにドックが建造されるのは第2次世界大戦中の1943年以来。記事は、「中国への対抗のため」との見方が出ていると紹介した。

真珠湾には現在、四つのドックがある。うち一つは水上艦専用だ。さらにもう一つのドックは長さが約151メートルで、大型艦には使えないために廃棄される見込みという。

記事は、新たなドックは大型潜水艦を建造するために使われると紹介した。米海軍にはこれまで、「太平洋地域での攻撃型原子力潜水艦の作戦能力を不断に向上させて中国に対抗する」、「ハワイには4カ所のドックが必要だ」などと表明してきたからだ。

米国の最新型の攻撃型原子力潜水はバージニア級と呼ばれる。同級1番艦が進水したのは2003年で、すでに20隻以上が感性しているが、初期タイプをブロック1、次のタイプがブロック2のように分類されている。初期型では全長約115メートルだったのに対して、今後登場するブロック5は全長140メートル程度に大型化され、搭載兵器も増えるという。

真珠湾でドックドック4カ所が建設されたのはそれぞれ1919年、41年、42年、43年だった。新しいドックの建設は、太平洋戦争終戦以来ということになる。新しいドックは、偵察衛星による情報収集を防ぐために、屋根付きになるとの見方がある。建設草案は2021年夏に発表され、最終決定は22年の発表とされる。建設費用は20-40億ドル(約2080億-4160億円)の範囲とみられている。(翻訳・編集/如月隼人

【アジア食品のネットサイトがオープン】
中華圏、韓国などのアジア食材が手軽に入手できます!
サイトはこちら

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

ランキング