Record China

ヘッドライン:

韓国のFA-50のアルゼンチン輸出計画が白紙の危機=ネットからため息「情けない」

配信日時:2020年11月4日(水) 12時20分
拡大
韓国の軽攻撃機FA-50をアルゼンチンに輸出する計画に支障が生じ、白紙になるのではないかという懸念が出ている。写真は韓国のFA-50。

韓国の軽攻撃機FA-50をアルゼンチンに輸出する計画に支障が生じ、白紙になるのではないかという懸念が出ている。韓国紙・中央日報が2日付で伝えた。

アルゼンチンのアグスティン・ロッシ国防相は先月30日(現地時間)、SNSに「FA-50戦闘機を買うべく韓国航空宇宙産業(KAI)と協議している。今日、FA-50の部品を生産する英国がアルゼンチンに対する販売を禁止していると通知していることを知った。新しい帝国主義の標本だ」とのコメントを掲載した。

同国防相はKAIから受け取った公文書の写真も掲載しており、そこにはFA-50の部品のうち6部品が英国で作られていること、これに対する輸出の権限が英国政府にあること、英国がアルゼンチンに対して武器の輸出を禁止していることなどが書かれている。KAIは「英国の部品問題は解決できていないが、最善を尽くす」と説明しているという。

アルゼンチンに対する英国の武器の輸出禁止は、1982年の南大西洋フォークランド諸島(アルゼンチン名:マルビナス諸島)領有権をめぐる戦争から始まった。この戦争により、英国では258人、アルゼンチンでは649人が戦死した。フォークランド戦争で敗れたものの、アルゼンチンは今なお領有権の主張を続けている。

その後、アルゼンチンは経済難から軍備増強をする余裕がない状況が続いた。こうした中、次世代戦闘機事業を進め、安価で高性能の韓国産FA-50に関心を寄せてきた。そして昨年7月、アルゼンチンのFA-50導入計画が報じられ、8機の購入を検討していること、購入代金8億4000万ドル(約920億円)を今後10年間にわたり2回に分けて支払う案が浮上した。しかし、新型コロナウイルスの感染拡大からアルゼンチンの国防費が急減したため、アルゼンチンはKAIとの交渉を延期していた。そして今度は英国の「流弾」を受けることになり、「輸出白紙」を懸念する声が上がっているという。

これに対し、韓国防衛事業庁関係者は「KAIとアルゼンチンの交渉はまだ初期段階」とした上で、「英国の禁輸問題は政府間で解決する事項だが、まだその段階に入っていない」と説明しているという。

これを受け、韓国のネット上では「英国とアルゼンチンが敵対関係(紛争中)にあるという確認もしないで計画を進めてきたの?アマチュアでもないし、情けない」「これで英国とアルゼンチン両国とも失うことになった。交渉をこんなふうにしてはいけない。前途が閉ざされた気分」などため息交じりの声や、「部品が外国製なのに、韓国産と言える?」「韓国の部品に変えるべき!」「KAIのエンジニアのみなさん、頑張って最高の戦闘機を造って」と韓国製の部品の使用を求める声が上がっている。

また、「地球の反対側の地を自国の地と主張する帝国主義の末裔(まつえい)たち。近代になって日米英仏など植民支配でどれだけの土地や文化財を略奪したの?もう返してあげようよ。いつまでも先進国でいられると思わない方がいい」「口先だけのグローバル時代。利権の前に閉鎖的な政策が立ちふさがっている。結局、弱い国が振り回されるだけ」など英国に対する非難の声が上がる一方で、「英国の反応はもっとも。昨今兵器システムの開発と輸出に力を入れている韓国も、英国のように厳しくなるべき」との意見も寄せられている。(翻訳・編集/松村)

【アジア食品のネットサイトがオープン】
中華圏、韓国などのアジア食材が手軽に入手できます!
サイトはこちら

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

ランキング