Record China

ヘッドライン:

飛び出す「清明上河図」が話題に、6年かけて製作―中国

配信日時:2020年11月2日(月) 23時20分

【音声ニュースを聴く】

拡大
ゆっくりと開くと、虹橋などが飛び出してくる「大宋風華:立体<清明上河図>」が予想以上に大きな話題を集めている。
(1/2枚)

北宋末期の画家・張択端の作品「清明上河図」を、立体的にできると考えたことがある人は少ないかもしれない。最近、ゆっくりと開くと、虹橋などが飛び出してくる「大宋風華:立体<清明上河図>」が予想以上に大きな話題を集めている。この飛び出す「清明上河図」ブックのクラウドファンディングの目標金額は3万元(約46万5000円)だったものの、最終的になんと210万元(約3255万円)以上が集まった。中国新聞網が伝えた。

その他の写真

飛び出す「清明上河図」をゆっくりと開くと飛び出してくる虹橋の上では多くの人が往来しており、橋の下には船舶が行き交っている。約1000年前の繁栄した都の街中が目の前に立体的に、生き生きと蘇っている。

飛び出す「清明上河図」を製作したのはデザイナーの王偉(ワン・ウェイ)さん。コストを考えて、「清明上河図」に描かれているユニークな部分だけを選んで立体化した。同作品は、目玉である虹橋、大通り、城門楼(防御と治安守護のための要塞)を中心に、拡大された船舶や牛車、井戸、診療所、説話、輿などが立体的に飛び出し、当時の様子をよりリアルに感じることができる。その他、いろんな仕掛けがデザインされており、「清明上河図」に息が吹き込まれ、当時の都の中を歩いているような気分を体験することができる。

張択端が描いた「清明上河図」は、中国美術史上屈指の名画の一つと称されている。北宋の都・汴京(現河南省開封市)の東角子門内外や汴河の両岸のにぎわい栄えている様子が描かれている。(提供/人民網日本語版・編集/KN)

※本記事はニュース提供社の記事です。すべてのコンテンツの著作権は、ニュース提供社またはライセンス元に帰属します。
【アジア食品のネットサイトがオープン】
中華圏、韓国などのアジア食材が手軽に入手できます!
サイトはこちら

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

ソウルで日本統治時代のマークが付いたマンホールふた初めて発見、近代化の貴重な史料=韓国ネット「いまだにこんなものが残っていたとは恥ずかしい」

12日、韓国・ファイナンシャルニュースによると、日本統治時代に製作されたとみられるマンホールのふたが、同紙取材陣により韓国・ソウルの路上で初めて見つかった。写真はソウル。

Record China
2017年12月13日 10時30分
続きを読む

ランキング