Record China

ヘッドライン:

<ボイス>村上春樹さんがまたもノーベル賞を逃す…落胆する中国人ファンへの「忠告」とは

配信日時:2020年10月11日(日) 10時0分
拡大
村上春樹さんがノーベル文学賞をまたも逃した。中国では「村上作品ファン」が多く、発表の時期が近づくと「今度こそ受賞するのでは」との期待が高まる。写真は南京市内の書店に設けられた村上春樹コーナー。

日本時間8日夜、2020年のノーベル文学賞受賞者は米国の詩人、ルイーズ・グリュックさんと発表された。中国では日本人作家の村上春樹さんのファンが多く、このところ何年も、「今度こそノーベル文学賞を受賞するのでは」という期待が高まっては空振りに終わる現象が続いていた。小説家や脚本家として活躍する中国人女性作家の暗地妖嬈さんは、落胆する自国の「村上ファン」をはじめとする自国の文学愛好者にメッセージを送った。

ノーベル賞の中でも物理学賞や化学賞など専門性が強い分野の場合、専門家以外に業績を理解することは困難だろう。文学賞の場合には状況が違って、一般人を含む多くの読者に向けての創作活動が評価されるだけに、受賞者に対する「自分なりの評価」も比較的容易と言ってよい。

暗地妖嬈さんによると、ノーベル文学賞の受賞者が発表されるたびに「自虐的」になる文学ファンがよくいる。「そんな人は聞いたことがないぞ。私は文学について無知なのか」などと思ってしまうのだという。暗地妖嬈さんは、自分が知らない作家がノーベル文学賞を受賞しても「自虐的」になる必要はないと説明。ノーベル文学賞の授与は「基本的に不意打ち」なのだという。

中国はすでに、外国作品の「翻訳出版大国」とも言える状況だが、そんな中国でも作品が紹介されていない作家がノーベル文学賞を受賞することが珍しくない。暗地妖嬈さんは、「受賞後に、全世界が熟知することが常態化しています」と説明した。

中国ではこのところ毎年、ノーベル文学賞の受賞者発表の時期が近づくと、村上春樹さんの受賞を期待する声が高まる。村上さんは、多くの作品が中国語訳されており、日本人として中国人ファンが特に多い作家だ。また、2019年発表の「従軍した父は中国兵捕虜の斬首を見た」などで示した歴史や平和の問題に向き合う姿勢にも好感が持たれている。

しかし暗地妖嬈さんは、「村上春樹さんの受賞に期待を持ち続けるのはおやめなさい」と改めて忠告。受賞を切望するファンにとっては「残酷な宣言」かもしれないが、村上作品のレベルに問題があるということではく、逆に、「これだけ高い評価を普遍的に獲得したのだから、ノーベル文学賞の傾向からして、期待できない」と言っているわけだ。ファンとしても「もって瞑(めい)すべし」といったところだろうか。

暗地妖嬈さんは、近年のノーベル文学賞の傾向について、人権問題に注目する作家が受賞する場合が多いなど「左より」な性格を強めているとも主張。さらに、物故した作家と特別に人気のある作家には、一貫して与えられていないと指摘した。(翻訳・編集/如月隼人

【アジア食品のネットサイトがオープン】
中華圏、韓国などのアジア食材が手軽に入手できます!
サイトはこちら

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

村上春樹氏が告白「従軍した父は中国兵捕虜の斬首を見た」=中国ネット民は好意的な反応

村上春樹氏が文芸春秋誌上で発表した文章が中国で注目を集めた。軍に召集された自らの父が、中国兵捕虜の処刑を目撃したことがあると記述したため。ネット上では、歴史上の事実を認めたとして、村上氏を好意的に評価するコメントが「いいね」を多く集めた。

Record China
2019年5月12日 19時0分
続きを読む

ランキング