Record China

ヘッドライン:

日本が導入検討のミサイル迎撃専用艦はどれほど強いのか―中国メディア

配信日時:2020年9月7日(月) 16時0分
拡大
7日、環球時報は、日本政府が「陸上版イージス」に代わるミサイル迎撃専用艦の導入を検討していることについて、中国の専門家による見解を報じた。

2020年9月7日、環球時報は、日本政府が「陸上版イージス」に代わるミサイル迎撃専用艦の導入を検討していることについて、中国の専門家による見解を報じた。

記事は、日本メディアが6日に報じた内容として、日本政府がすでに米国に対しミサイル迎撃専用艦の建造を告知したと複数の日本政府関係者が明かしたと紹介。これは、先日取りやめた「陸上版イージス」システムの代替プランであると伝えた。

そして、ミサイル迎撃専用艦にはもともと「陸上版イージス」に取り付けるために購入した米国製SPY-7レーダーおよびミサイル発射システムが搭載される見込みで、その性能は現役のイージス艦に搭載されている設備を上回るものだとしている。

その上で、中国の軍事専門家が「迎撃効果だけを見れば、迎撃専用艦の効果は『陸上版イージス』システムよりも高い。専用艦は機動的な配備が可能であるうえ、いくつかの迎撃段階に分けた配備を行うこともできるからだ。さらに、日本に飛んでくるミサイルの迎撃だけでなく、他方に向かうミサイルを打ち落とすこともできるため、米国のミサイル迎撃体制の最前哨ともなり得る」と評する一方で、コスト上の問題から「ミサイル迎撃専用艦の自衛能力は限定的なものとなり、高度な作戦では他の艦艇による護衛が必要なことから、実践配備能力には一定の制約が生じる」との見方を示したことを伝えた。(翻訳・編集/川尻

【アジア食品のネットサイトがオープン】
中華圏、韓国などのアジア食材が手軽に入手できます!
サイトはこちら

関連記事

ランキング