Record China

ヘッドライン:

<羅針盤>「日本身障者スポーツの父」讃える施設開館、「共生」を学ぶ―立石信雄オムロン元会長

配信日時:2020年9月6日(日) 11時59分
拡大
障がい者の社会復帰と自立に一生をかけた中村裕医師(1927~84)の足跡を振り返る新たな歴史資料館「太陽ミュージアム」がオープン。嬉しく誇らしい気持ちになった。写真は東京パラリンピック・エンブレム。

障がい者の生活や就労を支える社会福祉施設「太陽の家」(大分県別府市)は、10月で開所から55年になる。障がい者の社会復帰と自立に一生をかけた創設者、中村裕医師(1927~84)の足跡を振り返る新たな歴史資料館「太陽ミュージアム~No Charity、but a Chance!~」が、7月にこの施設内にオープン。中村医師が訴え続けた「保護より機会を」の理念が英文で施設名に盛り込まれた――。

このニュースに接して、嬉しく誇らしい気持ちになった。いささか手前みそになるが、この太陽の家は、私の父・立石一真と立石電機(現オムロン)が深く関わっているからである。

1960年、整形外科医の中村裕博士は研修先のイギリスで、スポーツを取り入れた障害者医療を学んだ。その時に出会った言葉が、その後の彼の人生の原動力になる。

◆「失ったものを数えるな。残っているものを最大限に生かせ」

帰国した中村医師は、障がい者スポーツを何とか広めようとするが、日本ではリハビリという言葉すらなかった時代。「見世物にしないでほしい」と抵抗にあうが、下半身が不自由な少年との出会いをきっかけに、車いすバスケットボールを少しずつ普及させていった。自信をなくした身障者に「失ったものを数えるな。残っているものを最大限に生かせ」と励ました。

中村医師は1964年の東京オリンピックと同時開催されたパラリンピックの成功に向け奔走。社会の常識という壁が立ちはだかり、障がい者の家族からも「見世物にするな」などと反対の声が上がったが、家族や仲間の支えで、次々と突破。東京パラリンピックを成功に導いた。その後、障がい者自立のための施設を設立するなど、障害者の社会復帰に尽力した。

◆身体障がい者の福祉工場

オムロンは「太陽の家」の活動趣旨に賛同し、資金を寄付するとともに、「太陽の家」との合弁により、身体障害者が働きやすい環境を整えた福祉工場「オムロン太陽(大分県別府市)」と「オムロン京都太陽」を設立した。

設立するに至ったもともとの経緯は、創業者・立石一真と中村裕医学博士との出会いにある。1971年9月、中村博士と評論家の秋山ちえ子氏が重度身体障がい者の社会復帰のことで、京都・御室の立石電機(現オムロン)本社を訪ねてこられた。「これまで多くの企業に要請したが、断られました。障がい者自立のための施設の設立に協力してほしい」。父の一真は「共同出資という形でやりましょう」と応諾。その後社会福祉法人「太陽の家」とオムロンとの協力による身体障害者のための福祉工場・居住施設が設立された。

中村博士は整形外科の名医で、以前から別府に私費を投じて重度障がい者の職業訓練のため、その施設として社会福祉法人「太陽の家」をつくり、自ら理事長になっていた。中村博士のお話では、「訓練には丸々2年かかるが、すでに400人の重度身障者を社会に送り出した。ところが、そのうち1割しか就職していない。身障者の訓練には特別に骨が折れるのに、それが無駄になっている」ということだった。

この就職率の低さは、企業側の受け入れマインドの不足もさることながら、受け入れ施設の不備もわざわいしていた。重度身障者が働きやすく、居住にも便利な受け入れ体制を持った専門の工場をつくるより方法がないという結論になり、この工場の建設に協力してほしいと言ってこられたのである。

当時、当社では経営的に引き受けるのは難しい状況であったが、『企業は社会の公器である』との社憲の精神にのっとり、太陽の家との合弁で日本初の身体障がい者福祉工場、「オムロン太陽」を1972年に設立した。そして、1986年には京都にも「オムロン京都太陽」を設立した。これらの工場の事業内容は、センサーやソケット、プログラマブルーコントローラといった電気機器の製造・販売を行なっている。

太陽の家の拠点や大分、愛知、京都にある共同出資会社、別府の協力企業で合わせて約1100人の障がい者と約800人の健常者が共生している。「ダイバーシティー」の手本を学ぼうと、太陽の家には年間約9000人が見学に訪れるというから心強い。

◆障がい者が自分たちの手で働きやすい環境づくり

工場構内の配置は「障害者が働きやすく、生活しやすく」をベースに、仕事エリアと生活エリア、すなわち職住が接近しているのが特徴だ。また、彼らが働きやすいように、随所に工夫が凝らされている。たとえば生産ラインは、車いすで自由に動けるように広くとった通路設定や、ハンディを補うさまざまな工夫を施した多品種少量生産に対応する生産ラインとなっている。また、作業をする上で不自山な部分は社員が自分たちで工夫し、独自の補助器具や治工具を製作するなどして、生産性の向上を図っている。たとえば、車いすに乗ったままでも無理なく使用できるATMは、オムロン京都太陽の社員が開発に参加し、操作パネルの高さなどを調整して、完成させた。

新設された「太陽ミュージアム~No Charity、but a Chance!~」の展示室には、中村医師ゆかりの品々が並ぶ。初期の屋内用電動車いす、車いすユーザーも扱いやすいオフセット印刷機などだ。それに続く壁面パネルを見れば法人の歩みを時系列で知ることができる。「日本の障がい者スポーツの父」と呼ばれる中村医師にちなみ、車いすレーサーやバスケットボール用車いすに乗り、パラ種目の球技「ボッチャ」を試せるコートもある。屋外には段差や傾斜、凹凸のある路面を車いすで進む難しさを体感できるゾーンも設けられた。

「視力が落ちた人は眼鏡をかければ社会参加できる。同様に障がいがあっても道具を使えば普通に仕事や生活ができる」―。自らも障がい者である山下達夫「太陽の家」理事長はこう話しているが、心から共感する。

障がい者福祉工場は全国に拡大しつつある。誰もが自分らしく生きられる包摂社会へ。本当の共生社会の実現に向けた活動の輪が世界に広がることを心から切望したい。

<羅針盤篇58>

■筆者プロフィール:立石信雄
1959年立石電機販売に入社。1965年立石電機(現オムロン株式会社)取締役。1995年代表取締役会長。2003年相談役。 日本経団連・国際労働委員長、海外事業活動関連協議会(CBCC)会長など歴任。SAM「The Taylor Key Award」受賞。同志社大名誉文化博士。中国・北京大、南開大、上海交通大、復旦大などの顧問教授や顧問を務めている。SAM(日本経営近代化協会)名誉会長。エッセイスト。

※掲載している内容はコラムニスト個人の見解であり、弊社の立場や意見を代表するものではありません。
【アジア食品のネットサイトがオープン】
中華圏、韓国などのアジア食材が手軽に入手できます!
サイトはこちら

関連記事

ランキング