<直言!日本と世界の未来>戦後75年、惨禍語り継ぎ「永遠の不戦」を―立石信雄オムロン元会長

立石信雄    2020年8月16日(日) 5時40分

拡大

第2次世界大戦の敗退から75年がすぎ、終戦の日がやってきた。日本は惨禍を重く受け止め、平和国家としての歩みを続けてきた。戦禍を被った国内外の多くの犠牲者に哀悼の意を表し、平和への誓いを新たにしたい。

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携