Record China

ヘッドライン:

あなたはいくつ当てはまる?これだって「コロナの症状」

配信日時:2020年6月13日(土) 0時35分
拡大
新型コロナウイルスが人々に、そして社会にもたらしたのは、肺炎だけではありません。ウイルスに感染していなくても、こんな5つの「症状」にかかっていませんか。セルフチェックしてみましょう。1.コロナ目 なんでもかんでも新型コロナウイルスと結びつけてしまう症状です。どこを見ても危険ばか...

新型コロナウイルスが人々に、そして社会にもたらしたのは、肺炎だけではありません。ウイルスに感染していなくても、こんな5つの「症状」にかかっていませんか。セルフチェックしてみましょう。

1.コロナ目

 なんでもかんでも新型コロナウイルスと結びつけてしまう症状です。どこを見ても危険ばかりを感じてしまいます。たとえば5G通信の基地局、実験室の漏えい等々。厄介なのは、これらが反証の不可能な事柄ばかりであることです。そのため、この症状の患者たちは自分の都合の良いように解釈して、勝手に「危険」と見なすのです。一旦、この「コロナ目」にかかってしまうと、どんな希望にも影が差して見えてきます。

 他人を見かけると怖がり出す症状です。いつだって他人のことを感染者だと思い込みます。感染予防のためには注意するに越したことはありませんが、この症状の危険なところは、「身内に感染者がいるかもしれない」という可能性には気づかないという点です。それに、自分自身だって感染しているかもしれません。広い範囲での検査を実施することだけが、この問題の解決方法です。

 まだ存在しない「特効薬」の魅力にとりつかれる症状です。この症状の患者が求める「新型肺炎の特効薬」なる商品は、マダガスカルの民間療法薬とされる飲料に、検査をパスしていない薬品まで様々です。さらには、「トイレの洗剤が効く」などというデマまで飛び交う始末。残念ながら、これらは当てになりません。薬の開発は研究者の皆さんに任せましょう。

 すべてを他人のせいにしてしまう症状です。感染症の流行は火災のようなもので、火を消すために努力する人もいますが、解決のために何の努力もしないばかりか他人を指差して出火の原因を押し付けようとする人もいます。危機が去った後ならば、反省し教訓を得る時間は十分にあります。今は誰かを標的とする指を下げて、事態収拾のために手を動かすべきです。

世界の終わりが来ることを心配し続ける症状です。心配の原因は、新型コロナウイルスや気候変動など。ですが、数々の苦難が教えてくれたのは、われわれは都市、国、地域の間で協力して危機に対応していくべきだということです。世界が直面する課題は少なくありません。それらは、目を逸らしても消えはしません。ですが、科学の力と協力によって危機は乗り越えられるものなのだと、多くの国や地域で証明されています。個人主義に走って科学を無視していては、さらなる災難を招いてしまいます。共に努力し、利己心を捨て、科学を信じることで、完全な勝利は訪れます。(提供/CRI

※本記事はニュース提供社の記事です。すべてのコンテンツの著作権は、ニュース提供社に帰属します。
【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

李総理「中・ASEANデジタル経済協力年」開幕式に祝賀書簡

李克強総理は12日、「中国・ASEANデジタル経済協力年」の開幕式に祝賀の書簡を送りました。 李総理は書簡の中で、「中国と東南アジア諸国連合(ASEAN)は互いに重要な協力パートナーである。デジタル経済は世界経済や人類社会の様相を大きく変えている。去年、ASEANの指導者らとは...

CRI online
2020年6月12日 22時50分
続きを読む

世界にはびこる米の生物実験室 ネットユーザーらが警鐘

米国軍事部は全世界25カ国で、200カ所に及ぶ軍事生物実験室を配置しました。危険な病原菌など生物兵器の研究開発に努めています。 米側は海外で危険な生物実験を展開し、関連国家に人員と財産の損失をもたらしています。米本土でも危険病原菌漏出事故が数回発生しているが、このような得体の知...

CRI online
2020年6月12日 21時50分
続きを読む

米は朝米首脳のシンガポール合意を行動に移すべき=外交部

この12日に朝鮮・米国両首脳のシンガポール会合から2周年を迎えたことを受けて、外交部の華春瑩報道官は、同日、北京での定例記者会見で、「米国側は実際の行動をもって朝米首脳のシンガポール合意を実行に移し、ようやく手にした対話の局面を維持すべきだ」と示しました。 華報道官はその際、「...

CRI online
2020年6月12日 21時20分
続きを読む

ハーバード大の論文、「粗製乱造で問題だらけ」=外交部

米ABCの報道によりますと、ハーバード大学のある論文が、武漢市内の数カ所の病院近くの交通量やキーワードの検索数に基づいて分析した結果、新型コロナウイルスによる感染症は昨年8月末から武漢市で広がり始めた可能性があるとしています。これについて、外交部の華春瑩報道官は11日の定例記者...

CRI online
2020年6月12日 0時40分
続きを読む

【CRI時評】君子然たる米国の「人権擁護者」は恥の感覚を持つのか

「米国は他の国と同様に、審査と裁決を受ける時を迎えた」――。米国自由人権協会(ACLU)はこのほど国連人権理事会に宛てた書簡の中で、こう記述した。ACLUは国連に、米国の警察官が抗議デモ参加者に対して暴力的な鎮圧を行っている事態を受け、緊急会議を開催して関連事件を調査するよう求...

CRI online
2020年6月11日 23時25分
続きを読む

ランキング